ここから本文です

ストレイ・ドッグ (2018)

DESTROYER

監督
カリン・クサマ
  • みたいムービー 77
  • みたログ 168

3.38 / 評価:123件

ズタボロ女の謎と愛が解き明かされた時に…

  • sou******** さん
  • 2021年6月22日 3時43分
  • 閲覧数 225
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

DESTROYERという原題を、ストレイ・ドッグと邦題を付けたセンスは好き。
確かに、野良犬のようにボロボロな存在を演じるニコール・キッドマンだが、このタイトルに行き着く決定打が何か?と考えればラストシーンくらいなもの。ほんの一瞬のワンカットでしかない。これは、個人的にお見事だと思ってる。

それにしても、ニコール・キッドマンの熱演よ。アクションは物足りない部分もあるけれど(かなり欲張り目線で)、この脚本、この演出、このキャラクターを演じ切ってる感があるよね。
やさぐれで、寝不足で、酒に溺れて…。何、あの歩き方!とにかく酷い女を演じてる。よく、この仕事を請けたよね!?って驚きもある。

ほとんど廃人じゃん…そんな状況に陥った物語を、リアルタイムと回想シーンの繰り返しで演出。

潜入捜査官の物語で、過去の事件の記憶に囚われたままの女性刑事って事か…と言った導入。掴みはわかりやすく、過程は少しだけややこしい部分もある。
集中力上げ気味で物語を追いかけていると、ストーリー展開と解き明かされていく秘密にズッポリ夢中。
ズタボロになった女の秘密、忌まわしい過去…。人間味溢れる弱さが露見した時に、結構な衝撃を受ける。

歴史に残るとか、繰り返し何度も語られるとか、そんな事はなさそうだけど(現代は多種多様でアイテムが多すぎるが故に…)、相当な佳作だと思う。
僕は、かなり好きな作品だ。ラストシーンの丁寧さは、想像力を掻き立てる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ