レビュー一覧に戻る
ビューティフルドリーマー
2020年11月6日公開

ビューティフルドリーマー

752020年11月6日公開

talkingdrum

3.0

大林監督へのリスペクト

ようやく近場で公開w まず、タイトルがビューティフルドリーマーという時点で中高年は「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」が頭に浮かび、公式HPで押井守の名が出ているので当然、「実写版か?」と考えます。なのでどうしても、そっちに引っ張られるので裏切られた感が頭をもたげます。パンフレットを読むと押井守にプロットを依頼して出来上がったのが「夢見る人」だったそうで、主人公達も映研ではなく軽音楽部だった。がっ…本広監督がこのプロットを見て映研が「夢見る人」を作る映画にしようと決めたようなので、押井守がどんな話しを考えていたのか気になるところ。で、”映画作りに夢見る人達”に作品の方向を決めたのが本広監督なので、押井さんはハッキリ言って関係無いと思いますw(押井守へのオマージュ とか言ってますが、アニメのまんまなんでどうかと思うw) 映画冒頭に大林宣彦監督に捧ぐとある通り、どこか大林作品と同じ雰囲気が漂っています。なのでアニメを知ってる人は実写版うる星2の学生自主制作版として楽しむ事が出来ますが、知らない人にとってはタダの大学映研の活動風景でしかないんじゃないでしょうか?現・元・映研の人にとっては実体験に近いのかもw パンフには色々作るうえでの実験が書かれて楽しそうですが、映画本編だけ見てる人にとっては関係ない事なので、映画を作る側が楽しむために作られた作品を見せられてもねぇ…と言った感じなので、内容的にはつまらなくはないけれど、さして面白くも無いというのが正直な感想です。 この映画を作る上で立ち上げたのが「映画実験レーベル」Cinema Lab(シネマラボ)で、かつてのATG(日本アートシアターギルド)のような事を始めようというのが趣旨のようなので、映画作りを目指す人達に向けてのメッセージが目的の作品なんじゃないでしょうか、 ちなみに大林監督が映画の行く末を頼んだ監督は岩井俊二・犬童一心・手塚眞・塚本晋也なんですが、大林チルドレンはまだまだいますね、

閲覧数341