レビュー一覧に戻る
ビューティフルドリーマー
2020年11月6日公開

ビューティフルドリーマー

752020年11月6日公開

mai********

2.0

もう少しの夢の時間

いわくつきの脚本。 真面目に考えるなら まだまだ若い彼らが思いをぶつけ合う事で意見対立して 暗礁に乗り上げてしまったり あるいは勉学や卒業へ向かう活動の中で どうしても時間のやり繰りができなくなってしまって 立ち消えになってしまうなど 4年しかない時間の中での制限が ただ夢を楽しむだけの時間を食いつぶしてしまうことにより その悔しさが 謎や怪談の類に変化してホコリを被ってしまうものなんだろうと。 だからそれは魔物に憑りつかれたような作品ではなくて ただ悔恨も込められた、最後の純粋な夢の時間の結晶なんだろうと。 だからケータイ全盛期の今の時代に どう考えても連絡が取れないというのが無理がある。 しかも全員がいる場所から誰にも何も告げずに姿を消すという形は 自分たちが何をしているのかという事を考えた時に 都合が良すぎる展開だった。 それらの無理を上手にボカせていたら… 時代を少し昔の年代にしておくとか そもそも最初から夢の世界の話にしてしまうとかできてたら… 上手に大円団の形に持って行けたんじゃないかなと思う次第。 微妙な出来上がりの作品で 大林監督に捧げるならもう一ひねりあっても良かったかもしれません。 2020年11月28日MOVIX伊勢崎で鑑賞

閲覧数330