レビュー一覧に戻る
10万分の1
2020年11月27日公開

10万分の1

1122020年11月27日公開

ネコと映画と人生

2.0

概ねレビュー通りの作品でした

《原作は未読》だったので、取り敢えず自分より前に投稿されたレビューを読んでから本作を鑑賞に行ってみました。 感想としては「ほぼレビューに書かれていた通りの作品だったな…」と。 褒められていた部分は本当にそのままでしたし、否定的に捉えられていた部分もまた本当にそのままであったと感じました。 【ストーリー評価】 ・おそらく原作ではキチンと 『ラブストーリー』も『ALSという病気について』も 時間を掛けて描かれていた物語なのだろうと推察しましたが、いかんせん その全てを『2時間弱の映画』に詰め込むには 描くべき要素が多過ぎました。 基本的には『ラブストーリー』的な部分よりも『ALSという病気』について描かれた物語です。病気が発症して→その事実を受け入れ→病と向き合って→前を向いて生きて行く …と言う王道の展開。 ほんわかした雰囲気は物語の最序盤だけで、後はひたすらシリアスです。スイーツの様な甘い映画を期待すると肩透かしを喰らう事になると思われますので、ご注意下さいね! ・『ラブストーリー』『ALS』『学校生活』『日常生活』その全てのエピソードを詰め込もうと《欲張り過ぎ過ぎ》な感があったので「もう少しエピソードを絞り込んだ脚本であった方が良かったのではないか?」と。 無理に卒業式まで話を描いた為に 展開が駆け足になり過ぎていた様に感じます。 もう少し別の締め方をしていれば違った見せ方も出来たと思う《惜しい作品》かも。 …とは言え コレで既に完成し公開された以上、作品の評価としては《褒められる所も貶される所もそれなりにある 平均点かそれ以下の評価》とせざるを得ませんが…。 【演技・演出評価】 ・演技に関しては 鑑賞していて《違和感を感じる》程 酷い演技の人は居なかったと思います。『平祐奈』さんは安定の可愛らしさでしたし、私は初見でしたが『優希美青』さんや『白濱亜嵐』くんの演技も嫌いじゃないです♪ おじいちゃん役の『奥田瑛二』さんも素敵でした! ・演出に関しても 割と高評価をしても良いかと思います。ストーリーは駆け足だったけど ひとつひとつのエピソードの見せ方は良かったです。ただ出来れば、前述の通り「もう少し時間を掛けて描いていれば」と思う部分も無くはないのですが。 【音楽評価】 ・個人的には、記憶に残る または《耳に残る》と言う程の 印象的な曲はありませんでした。…が 音楽は《好みの違い》が大きく出るので、劇中で『グッとくる』人も居るかも知れませんね。 【総括】 ・最初に書いた通りですが『褒める所も貶す所も同じくらいある』作品です。控え目…と言うか贔屓目に言っても《可もなく不可もない》様な作品なので、わざわざ昼間にフルプライスでの鑑賞に行く事はオススメ出来ません。 ・レイトショーでの鑑賞なら「まあ こういうストーリーが好きなら 観ても良いんじゃない」位は言っても良いのかな?と思います。 【補足】 《涙脆い人》だったら劇中 所々ウルウルとしてしまいそうなポイントはいくつもありました。登場人物に感情移入さえ出来れば それなりには泣けると思います。

閲覧数1,471