レビュー一覧に戻る
アイドルスナイパー THE MOVIE
2020年10月3日公開

アイドルスナイパー THE MOVIE

682020年10月3日公開

Ni

3.0

ネタバレアイドルライブのシーンは良かったです

映画は1時間10~15分位の作品です。その後40~45分位の出演者の方々によるトークショーでした。 アイドルを演じた出演者の方々が映画で観るより、実物は身体が細くて可愛くて、つい「ヤバい」と独り言を言ってしまいました。 映画のストーリー、アイドルオタクの国家公安委員長が犯罪組織シガラに命を狙われるというのは理解できましたが、なぜ地下アイドルグループのディスティニーがシガラに狙われるのかがイマイチ理解出来ませんでした。イマイチ理解出来ないまま、スナイパー同士の銃撃戦が繰り広げられます。 私事になりますが┅3年前まで、とある地下アイドルグループを推していました。 それで映画の冒頭でメンバーの卒業ライブシーンを見て、当時渋谷や新宿にあるライブハウスで地下アイドルの対バンに行っていた頃を思い出しました。地下アイドルのライブって、こんな感じだったな、サイリュウムを振って、コールやミックスとかあったな、メンバーの卒業ライブで「辞めないで」って声が実際にあったな、ということを懐かしく思いました。アイドルライブのシーンは良かったです。 撮影会のシーンで、紅レイを演じた遠藤三貴さんが横にVサインをした時の笑顔が可愛かったです。

閲覧数569