ここから本文です

名も無き世界のエンドロール (2021)

監督
佐藤祐市
  • みたいムービー 189
  • みたログ 802

3.61 / 評価:663件

キダだけはちょっと離れて…

  • mai******** さん
  • 2021年2月7日 21時01分
  • 閲覧数 689
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

2人の事をいつまでも忘れないで生きていく。
勝手な行動をしてたことで裏家業の中で掣肘されることがなければ。

いや、例えすぐその先で掣肘される事があっても
キダの人生はそれはそれで幸せなのかもしれない。
向こうでマコトとヨッチの結婚を祝福できるはずだから…

物語の一番の難点は2年間で4000万を溜める事だろう。
どんな生活をしたらそんな風に稼げるのか?
その方法を提示していたら、とてつもない反響があったかもしれない。
別の意味で。

3人がいたからこその世界。
誰が欠けても成立しないはずの世界。
支え合っていたからこそ喪失感と憎悪は底知れない。
例え2人が居てもダメだった。
キダにとってもマコトにとってもヨッチは太陽だったはず。

太陽が消えた世界にいる意味はない。

先に行くから後でな、というメッセージなんだろう。
残されたキダがどんな風に生きていくのかはわからない。
でも彼はきっと2人の事をいつまでも忘れないで生きていくんだろうと思いたい。

山田杏奈さんと中村アンさんとでは
一人の女性を描くにはあまりに違うなと感じていたら
あれがこうなって、そうなって…なるほどという感じに。
途中でラストのイメージはわかりましたが
残されるキダが可哀想な気がしてしまいました。

2021年は山田杏奈さんの年になるのかな…

2021年2月7日MOVIX伊勢崎で鑑賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ