2020年11月27日公開

ヒトラーに盗られたうさぎ

ALS HITLER DAS ROSA KANINCHEN STAHL/WHEN HITLER STOLE PINK RABBIT

1192020年11月27日公開
ヒトラーに盗られたうさぎ
3.7

/ 68

18%
46%
29%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • ひーろーかむおん

    3.0

    残虐なナチス迫害モノとは一線を画した作品

    …自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  あらすじは、WOWOWのが見付からないので、Yahoo解説の次のとおり。  『1933年、ベルリン。  演劇批評家であるユダヤ人の父(オリヴァー・マスッチ)を持つ9歳のアンナ(リーヴァ・クリマロフスキ)は、ある朝母(カーラ・ユーリ)から家族でスイスに逃げると打ち明けられる。  新聞やラジオでアドルフ・ヒトラーを批判する父は、選挙で彼が勝利した後、反対者への粛清が始まると考え家族でドイツを脱出する計画を立てていたのだった。  荷物は一つだけと母に言われたアンナはうさぎのぬいぐるみを持ち、両親と兄マックス(マリヌス・ホーマン)と共にスイスを目指す。』  で、スイスへ旅立つのだが、アンナが家中の愛着のある物たちにさよならを言う場面は切なく、父母以上に慕っていた家政婦のおばあちゃんとの別れは引き裂かれるような思いがしたことだろう。  で、スイスへ渡り、これまでの豊かな生活からガラリ一変だ。  演劇評論家の父に出来る仕事は殆どないので暮らしは困窮の一途を辿り、何よりも言葉が不自由なので友達もあまりできず、兄と二人っきりで遊ぶことが多くなる。  で、生活の糧を求めて今度はフランスに移住し、又も異なる言語と新しい友達に戸惑い、慣れつつあったところでイギリスへと渡ることになるのだった。  ストーリーは、アンナを中心とした日常が淡々と描かれるだけで、派手な演出は皆無に近いが、各国を転々とせざるを得ない家族の現状がひた寄せる戦争の過酷さをひしひしと伝えて来る。  ラストは、そんなアンナにも細やかな喜びがやってくる。  言葉には苦労されっ放しのアンナが学校の作文コンクールで賞を貰ったのだ。  また、アンナは絵画にも目覚め、パラパラ漫画を両親に披露するまでに至るのだった。  絵本作家ジュディス・カーの誕生の瞬間だ。  残虐なナチス迫害モノとは一線を画した作品で、非常に愉しめた3.4点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数87件目)

  • tyo********

    2.0

    実話?

    実在のモデルがいる映画とは知りませんでした そのせいなのか分かりませんが、すごく淡々と話が進みます 過酷なのは分かりますが、戦時中を考えればぬるい環境です 起承転結もなく、感動するようなシーンも特になし 押し付けっぽいところはないですけど、映画としては味気ない ただ、ユダヤ人は器用なんだなあという感想は持ちました よほどこの時代の映画が好きな方以外、見なくてもいいと思います

  • has********

    5.0

    ネタバレ子供目線の迫害

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    4.0

    時代に振り回される

    ナチスから逃れ、スイス・フランス・イギリスと亡命していく家族の物語。 うまく危険を回避できたね。 時代に振り回されていったが、聞き分けのよい優秀な子供たちだった。 家族みんな環境にうまく慣れた感じだった。

  • 柚子

    3.0

    うさぎのぬいぐるみ

    裕福なユダヤ人一家が、祖国を追われ、世界を転々とし、ひたすら生きるために家族が力を合わせる なぜユダヤ人が裕福なのか、わかる気がする 気質的に、なんでも一番が良くて、ひたすら努力するからだろうなぁ 子供目線の反戦ものには違いないが、あまり悲壮感もなく、ほのぼの見れた

  • mai********

    4.0

    世界中に帰る場所を作る旅

    住み慣れた我が家を離れるのは誰でも嫌なモノ。 これが自分に原因がないとすれば尚更の事。 たった一人の独裁者のせいで辛く苦しい生活が始まる。 手放してしまったうさぎはヒトラーのものになってしまったけれど 人と触れ合い、学び、感じてきた事の全てが 少女の世界を大きく広げていく。 うさぎのいない寂しさよりも世界を知る好奇心の方が勝っていく。 寂しさはそのまま残しつつ でも心は大きく羽ばたいている。 ユダヤ人迫害というあの時代の特異さを 家族ごと安住の地を求めて彷徨う姿を通じて感じる作品。 歴史を知り 当時の人々の思いを知り そしてそれを未来へ繋ぐ。 当時の世界で一番民主的と言われたワイマール憲法ですら ナチスの台頭と独裁を止めることができなかった事を知り だからこそ民主主義はそれを享受する国民の不断の努力によってのみ維持されるという事を学び、それを実践していく。 為政者が間違わない存在ではないという事を自覚して 一人の国民としてその為政者が間違った方向へ向かおうとした時には 正々堂々と声を挙げ、時には為政者を入れ替える事を恐れない。 それがないと 少女のようにうさぎを盗られてしまう事になりかねない… 彼女が残してしまったうさぎは、その事を教えてくれます。 2021年4月25日シネマテークたかさきで鑑賞

  • mot********

    3.0

    ごめんね

    最も幸運だったユダヤ人のケース。とはいってもあれだけ転校させられたら、たまったもんじゃない。「ごめんね、もう少しがまんして」と無理やり笑顔を作って、諭す気持ちで観ることに。

  • Dr.Hawk

    3.0

    ネタバレ帰るべき我が家は、いつしか心の中にあった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mat********

    4.0

    ネタバレ永住の地はどこにもなかった時代は不幸か

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wxj********

    3.0

    ネタバレ過酷な中で希望を持ち続ける大切さ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ron********

    3.0

    ヒトラーがつくのになかなかポジティブ

    世界的絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説『ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ』を映画化。 1933年、ベルリン。ユダヤ人の父らと何不自由なく暮らす9歳のアンナは突然、「家族でスイスに逃げる」と告げられ、過酷な逃亡生活へと足を踏み入れていく。 監督は、「名もなきアフリカの地で」で第75回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したカロリーヌ・リンク。 出演は、新人リーヴァ・クリマロフスキ、「帰ってきたヒトラー」のオリヴァー・マスッチ、「ブレードランナー 2049」のカーラ・ジュリなど。 脚本はアナ・ブリュッゲマン。 音楽は「ホテル・ムンバイ」などのフォルカー・ベルテルマン。 原題「When Hitler Stole Pink Rabbit」 映倫区分はG ドイツ映画 配給は彩プロ 2019年作品 上映時間119分 原作小説は未読です。 ドイツの絵本作家ジュディス・カーが少女時代の体験を基にした自伝的小説を映画化した作品です。 ナチスによるユダヤ人迫害が題材になっていて、ホロコーストからの過酷な逃亡生活を、9歳の少女アンナの目線で、結構淡々と静かに描いています。 戦争前、ヒトラーが選挙に勝つ時の話なので、直接的にナチスに追い回されるというかいうストーリーではありません。 亡命するんですが、重い話でもなく、亡命を通じて深まる家族の絆や少女の成長が描かれている作品です。 言葉もわからぬ見知らぬ土地で、たくましく生きて成長する姿には感動を覚えます。 ナチスがらみの映画は、たいが暗く重く辛いお話ですが、今作はなかなかポジティブなお話でした。 ただ悪い作品ではないけど、どうも全体的に印象が薄い。 しかしどうも気なるというか、最後まで腑に落ちなかったのが、映画のタイトルにもなっている、ピンクのうさぎ。 なぜ少女は、この大好きなうさぎの縫いぐるみを持って行かなかったのか。 それが疑問です。 ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数4館と少ない。 アート系単館ロードショー作品です。 ドイツのこの手の映画はなかなかヒットには繋がらないですかね。 万人受けしない内容ではないけれど、やはりかなり地味か。 映画ファンしか足を運ばないですかね。 当然この館数では初登場圏外スタートと予想。 最終興行収入は600万円と予想。 星3つ半(5点満点) ★★★☆

  • yos********

    3.0

    それでも明るく生きていく

    幼い頃から母国を追われ いや、母国とさえ言わせてもらえず 安住できず、馴染んだ環境を捨て また1から環境に順応していかなければならない。 本来であれば、何も考えず 友達と遊んでいられる年齢。 それなのに、常に命の危機と隣り合わせで 幼いのに心配が絶えない。 どこか大人びた子どもになっている。 なんと不憫な生活だったんだろう。 それでも、いやそれだからこそ 明るさを失わず、家族団結して 生きている姿に勇気をもらう。 ヒトラーとかユダヤ人という言葉が タイトルに付くとどうしても 残虐なシーンがあるかと想像しがちだけど 戦前ということもあり 本作はそのようなシーンがなく あくまでもヒューマンドラマに焦点を あてているのでとても見やすい。

1 ページ/1 ページ中