ここから本文です

ヒトラーに盗られたうさぎ (2019)

ALS HITLER DAS ROSA KANINCHEN STAHL/WHEN HITLER STOLE PINK RABBIT

監督
カロリーヌ・リンク
  • みたいムービー 38
  • みたログ 84

3.67 / 評価:61件

解説

絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説を原作にしたドラマ。アドルフ・ヒトラーによるユダヤ人弾圧を警戒した一家が、自由と平和を求めて逃避行を繰り広げる。監督は『名もなきアフリカの地で』などのカロリーヌ・リンク。『帰ってきたヒトラー』などのオリヴァー・マスッチ、『ブレードランナー 2049』などのカーラ・ユーリのほか、リーヴァ・クリマロフスキ、ユストゥス・フォン・ドナーニーらが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1933年、ベルリン。演劇批評家であるユダヤ人の父(オリヴァー・マスッチ)を持つ9歳のアンナ(リーヴァ・クリマロフスキ)は、ある朝母(カーラ・ユーリ)から家族でスイスに逃げると打ち明けられる。新聞やラジオでアドルフ・ヒトラーを批判する父は、選挙で彼が勝利した後、反対者への粛清が始まると考え家族でドイツを脱出する計画を立てていたのだった。荷物は一つだけと母に言われたアンナはうさぎのぬいぐるみを持ち、両親と兄マックス(マリヌス・ホーマン)と共にスイスを目指す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ