2021年6月18日公開

ザ・ファブル 殺さない殺し屋

1312021年6月18日公開
ザ・ファブル 殺さない殺し屋
4.1

/ 2,301

46%
34%
13%
3%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(446件)


  • FM TOWNS

    5.0

    原作読まずに前作映画からですが…これはイイ!

    まずアクション映画として純粋に楽しめる。 よくある汎用的なアクションの動線でなく、予想外の動きによる攻防が非常に素晴らしくて驚きました。 日本映画のアクションは小さくまとまりがちですが、CGも程よく使いながらのスケールのある展開がバランス良かったです。 また、登場キャストもちょうど良くて、緩急つけた笑いもあって前作(自己評価★3)よりも見やすかったです。 なかなか前作を超えて跳ねてくる映画も珍しいですが、主人公だけでなく魅力的な周囲のキャラクターが光っていたせいかと思いますし、こうなると原作コミックが非常に気になってきました。 いやー、とてもいい映画を見させてもらいました。

  • nor********

    5.0

    ネタバレこれは会心作ですね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bastjapan

    2.0

    アキラは

    顔的に鈴木亮平の方があってそう。 演技はずば抜けてると思うのでアクションもボケも出来そうだし。

  • Hassy

    3.0

    久しぶりの人間くさいアクション

    「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」を観ました。原作のマンガも読んでいないし、何の予備知識無しで観ました。 設定の説明が無く進むのでおかしいなと思いながら観ていましたが、何の事はない前作があって本作はその続編でした。でも、そんなに違和感なく楽しめます。せまい世界でありきたりのストーリーですが、久しぶりに人間くさいアクション映画を観た気がします。 全く関係ないけど、木村文乃にはその雰囲気からぜひ「TRICK」を演ってほしいと思います。

  • tos********

    4.0

    増しまし

    都市伝説とされ、寓話とあだ名された殺し屋ファブル。ボスの命で一般人アキラとして、平穏な日々を過ごしていた。そんな時、NPO団体代表宇津帆と車いすの少女ヒナコと出会う。宇津帆の裏の顔は、金をだまし取り人殺しをする凶悪な人物だった。しかもファブルとは、4年前の因縁がある。  続編なのに、前作より評価が上なので観ました。なるほど、アクションがかなり増量されています。特に序盤のカーアクションと終盤のマンションのシーンは見応え充分、スゲェ。前作は少しギクシャクした感じもあったが、それもより馴染んだ感じになったのも良かった。さらなる続編にも期待します。

  • ★いっちゃん★

    3.0

    前作より

    良かった。 原作が好きで、一作目は正直今ひとつだったのですが、今回は面白かった。 2作目で失速するパターンが多いけど、今回は数あるエピソードの中でも選んだテーマが良かったのだと思う。 キーマンの平手友梨奈が良かった。 佐藤の無双ぶりは本当にカッコいい。 普段の生活との落差が大きいのも魅力のひとつ。 カーアクションと、足場アクションは流石映画!楽しめました。

  • ひーろーかむおん

    4.0

    前作を上回り、第3弾も観たくなる

    まん延防止期間中は在宅勤務が多く、観た映画がどんどん増えて未レビューが一杯溜まってしまったので、一口寸評にする。  あらすじは、横着をして、WOWOWの解説の次のとおり。  『敵を必ず6秒以内に仕留める殺し屋“ファブル”ことアキラ(岡田准一)だが、ボスに東京から大阪への引っ越しを命じられた上、人を殺すなとくぎを刺される。  そんなアキラは4年前、ある仕事で犯罪者たちを倒したが、その際に救えなかった少女ヒナコ(平手友梨奈)と再会すると、彼女は車いすに乗っていた。  そんなヒナコの面倒を見る宇津帆(堤真一)にはかつて“ファブル”に弟を殺された過去が。  宇津帆と彼が雇った殺し屋・鈴木(安藤政信)は、“ファブル”に対する復讐の戦いへ。』  前作は割と愉しめた記憶があるので、楽しみに観てみる。  冒頭のカーアクションからエキサイティングだったな。  ストーリー的にも、少女の再生譚を絡ませるとともに、堤真一演じる偽善者のえげつなさが真に迫っていて悍ましさが込み上げてきた。  悪党が際立っていると、此奴をやっつけた時の爽快感がイヤ増してくるのだ。  団地の足場を舞台にしてのアクションも若干CG臭さが目についたが、それでもハラドキものの興奮を味わえたな。  岡田准一のアクションは言わずもがなだが、本作では木村文乃のアクションもカッコイカッタな。  そんな緊迫した流れの中、前作同様に、アキラの真顔で可笑しなことを言うキャラに和まされ、また、佐藤二郎と山本美月のほんわかパートも恰好のバランスだったな。  続編は大抵がコケるものだが、本作は第3弾も観たくなる、非常に愉しめた3.8点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数169件目)

  • unm********

    4.0

    続編の設定としては最高!

    こういうアクションモノ、例えば洋画トランスポーターなどシリーズ毎にアクションに工夫をして視聴者を飽きさせないというのがありますが、 ファブルは前作がアクションや無双シーンが見所にし、本作はドラマ性をメインとしていて映画としての続編の創り方が個人的に良かったです。 おそらく前作と同じようなパターンでアクションばっかりの展開なら飽きられてしまう様な物語なので。 もちろん本作も前作同様、キレのあるアクションが見れますが、人の心に寄り添うシーンやセリフも見所と言えます。 邦画「響」でも良かった平手友梨奈さん、本作も良かったです、もっと素晴らしい女優さんになると期待します。 是非ともファブル3がどういう創りになるのかが楽しみになりました! 星は満点にしたいくらいですが次回、もっと面白い作品だろうと期待を込めて4にしときます。

  • moh********

    4.0

    前作に引き続き勢いのある面白さ

    基本的には前作と同じような爽快感で、よくできていた。日本もこういうアクションがあるんだね。 【ネタバレ注意】 冒頭のクルマが転落しながら女の子を救うシーンから引き込まれる作りだった。どこかで見たようなストーリー……と思ったのは、本作を見る前に原作コミックを読んでいたからだと思う。いわゆる「俺TUEEEE」であって、ふりかえって心にしみる話があるわけではないけれど、アクション映画としては十分。

  • ang********

    5.0

    前作との相対評価にて、満点

    レビュー2062作品目。WOWOWプライムにて視聴。 アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦過ぎ主婦です。 つい最近、前作と言うかシリーズ?一作目を視聴し、★4を付けたので・・相対評価により本作品は★5になってしまいました。 甘めですよ、甘めですが。 前作品も「面白いけれでも、どうしても我慢ならない点が」あっての★4。 それは、「不殺」のルールに縛られて「逃げの一手」だった事。 主人公がスーパーサイヤ人・バットマン級の殺し屋ならば 「殺さなきゃ良いんでしょ?殺さなきゃ。殺してないし」と、 無双にて敵を完膚なきまで叩きのめして欲しい、それなのに前作では「逃げの一手」「ひらりひらり」「躱しまくり」にて、かなりストレスが溜まった。 それをレビューし★4にしましたが・・(★3.6て所かな。四捨五入で4に) 今回は、前作の「不満点」を綺麗サッパリと解消してくれた。 と言う事は、前作でかなり指摘されたと見ましたよ。 甘めですが、★4.5で。四捨五入して★5です。 あと最後に・・・ 惜しいですね、この主人公さん。 「ああ、もう少し身長があったなら、世界的スターになれたのに」と、 真田広之氏に対してもじくじくたる思いをしたのですが (が、真田氏はアメリカで映画にドラマに頑張ってられる。キアヌ・リーヴス氏に「マスター」と呼ばれているし) 真田広之も、公には170センチ、実際は164センチ。 本映画の主人公も、公には169センチ、実際は163~165センチかな。 本当に惜しい。実に、惜しい。惜しいなあ。 お二人とも、デンゼル・ワシントンな活躍が出来ただろうに・・・

  • ねじまき

    3.0

    初めて見ました

    以前から気になっていたものの、アクションは特に好きではないので避けていました。それぞれのキャラも個性もあって、とても楽しく見ました! 序盤からちょっと残酷なシーンが多くて、もう少し緩やかな表現にしてくれたら楽しく見れるのになと思いました。

  • yanko

    4.0

    アクションが最高

    前回面白かったので、今回も期待してみましたが、期待を裏切ることなくとても面白い映画でした。アクションシーンも目が離せない感じでスピード感も溢れてとても良かったです。 ファブルの圧倒的な強さも健在! 俳優の堤さんのキレっぷりの演技も面白かったです(笑)

  • スナフキンM

    5.0

    岡田准一は身長があと15センチ高ければ世界的アクションスターになれた

    岡田准一の最高のアクションを堪能できる日本映画としては白眉のアクション映画でしょう。 岡田准一はもしもう少し背が高ければ、世界的なアクションスターになれていたかもしれない。少なくともヴァン・ダムあたりよりは上。ジェット・リーくらいにはなれたのでは。 この作品、スピード感とメリハリが秀逸で一気に見れる、アクションの目玉は冒頭の駐車場でのカーアクションとラストの足場のアクション。とくに足場のアクションはあまり他の映画でもみたことなく面白い。まあ、いくらファブルが凄い身体能力でも足場がどう崩れるかまではわかるはずもないとは思いましたが。 木村文乃さんもいいですが、個人的には佐藤二郎と山本美月さんとのほんわかシーンが好み。 続けてほしいシリーズです。そういえば6秒で相手を倒せるのに、足場のシーンではかなり手こずった無名の敵いましたね。まあ多少は苦戦するシーンも必要だったのでしょう。

  • つっちー

    5.0

    良かった!!

    全体的にとても良かったし、個人的には木村文乃と安藤政信の拳銃の取り合いのシーンが好きです!! 星5です!

  • mayumi-daichiii

    3.0

    画伯ですね

    岡田准一さんのファブル─── ちょいちょい笑いを入れて来ますが、原作と雰囲気は合ってる気がします── しかし、今回の団地の足場は、あれは大規模修繕中? あんなにガラガラガッシャーンしたら、目立ってしょうがないですよ─── 空気の様に存在してるファブルでは無い 原作好きなのでこれはダメです── 宇津帆役の堤真一さん、顔アップの時の瞳が「気持ち悪さ」をぎゅーっと出しててよかったです───

  • ddf********

    5.0

    爽快!!!

    思ったよりすごく大掛かりで、日本映画も捨てたもんじゃないと思いました。 なんだかんだ文句言ってる人もいるけど、とても面白いし、スピード感すごいしかっこいいしとても好きな映画です。引き込まれました!

  • ttt********

    2.0

    終盤、別の映画に

    終盤、車イスの子が主役になってしまい、しかもその子の演技が単調。監督はこんな映画を本当に創りたかったのか?

  • 黒猫

    3.0

    ネタバレキャラの心情がよくんからない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ewk********

    2.0

    ネタバレホントにがっかりした‥

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • g_g********

    1.0

    ネタバレ1作目と全く同じ感想

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/23 ページ中