ここから本文です

劇場版ポルノグラファー~プレイバック~ (2021)

監督
三木康一郎
  • みたいムービー 42
  • みたログ 71

4.03 / 評価:66件

#劇場版ポルノグラファー感想

  • cai******** さん
  • 2021年6月2日 19時13分
  • 閲覧数 253
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

多くのクリエイターが、「作品を作り始めると、そのキャラクターに命が吹き込まれ、自分で観察して記録するしかない 」と口にしています。 木島はマンガのキャラクターとして、ポとイの制作過程では、監督や俳優が肖像デザイン、心理デザイン、表情デザイン、仕草デザイン、言語デザインなどを通じて二次創作を行い、もともと薄かった人物像を継続的に肉付けしており、木島理生というキャラクターは、自分の整合性、本当に欲しいものを持っている。「欲求はすべての人間の行動の原動力となるもの」と、 哲学者ホルバッハはそう言っていました。同時に、二次創作の過程では、マズローの人間としての5つの欲求の中、最も高い欲求である「自己実現の欲求」が与えられます。 彼は、『月と六ペンス』のストリックランドのように、人生の価値を追求して無一文になっても、魂が輝いていて、この時点で全員が彼を尊敬するようになるという、本当の意味で自己を実現しました。
プレバックで、木島理生は純文学理想を忘れて、神から離れさせるの敬虔な信徒のようです。キャラクターの整合性を完全に崩れました。この時点で木島理生は既に死んでいました。プでは、木島が足を折られて、背骨を奪われて、「幸せ」という偽善の隠語を使って、ぐったりした体を生け贄の台に乗せました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ