ここから本文です

上映中

ノマドランド (2020)

NOMADLAND

監督
クロエ・ジャオ
  • みたいムービー 911
  • みたログ 1,832

3.83 / 評価:1351件

ドキュメンタリー以上の「域」を出ていない

  • illbeback1229 さん
  • 2021年3月26日 20時27分
  • 閲覧数 1921
  • 役立ち度 67
    • 総合評価
    • ★★★★★

今年のアカデミー賞作品賞の大本命と言われていて、世界三大映画祭の1つヴェネチア国際映画祭で最高の金獅子賞やゴールデン・グローブ賞のドラマ部門作品賞その他多数の賞を受賞している話題の本作。
 ジェシカ・ブルーダーが2017年に出版したノンフィクション小説「ノマド: 漂流する高齢労働者たち」を基に作られている。
 本作で主演を務めているフランシス・マクドーマンドはこの小説を読んで衝撃を受け是非映画にしたいと考え映画化権を購入したことから本作は主演だけでなく製作にも参加している。
 内容はフランシス・マクドーマンド演じるファーンはリーマンショックの影響で家と住んでいた街をも失ってしまい遊牧民を意味する「ノマド」のように場所を転々としながらまるでその日暮らしのような車上生活を送るロードムービー。  
 本作はその「車上生活」を通じて同じ境遇の人達との交流や出会いと別れを描いている。
 作風はマクドーマンド演じるファーンの車上生活を追ったドキュメンタリータッチのような感じで話が進んでいく。
 本作は批評家から大絶賛されているしその裏付けとして数々の賞を受賞しているのだから期待しない方がおかしいのでアカデミー賞作品賞で本作の対抗とされている「ミナリ」とどちらか作品賞に相応しいのか自分はかなり気持ちを高ぶらせての鑑賞だった。
 でも…決して期待を込め過ぎたのが原因とは思わないが自分が思っていたのとは違っていた。
 確かに本作は社会から放棄され不況によってもたらされた先の見えない不安定な生活者の様子を見事に描いているのは文句の言い様がない。
 でも本作はそれらを素晴らしく映像化していて観客にそういう人達がいるという印象を与えるには十分以上の出来栄えというのは認めるけど、自分にはそれが「ドキュメンタリー」という域に収まってしまい、アカデミー賞作品賞に必要な嬉しかれ悲しかれ観客の心に刻まれる「何か」を感じず、悪く言ってしまえば「車上生活している人達は日々こういった暮らし、こういった出会いと別れをしています。」という様態を映像として見せているようにしか思えないのだ。
 だから終着点や着地点が見えず結局はループ状態かという結論に至ってしまうようなラストに感じてしまったのかもしれない。
 他の人達や評論家達が本作を大絶賛しているから高評価にしなきゃいけないようなムードになりがちだし、勿論そんなのを抜きにして本作を絶賛する人もいるけれども、これが自分なりに本作を観た素直な感想なので、アカデミー賞作品賞を受賞する確率は高いかもしれないけど、自分はどちらか選ばないといけないなら本作よりも「ミナリ」を選びたい。
 でも、本作の上映前に予告編でアンソニー・ホプキンス主演の「ファーザー」を観たが、作品も確か作品賞にノミネートされていたので予告編だけだとこちらもよさそうだったし、作品賞受賞の大穴的作品らしいから是非とも観たいが日本での上映が約2ヶ月後なので受賞前に観れないのが口惜しい。
 しかし、内容は別として本作で主演しているフランシス・マクドーマンドがアカデミー賞主演女優賞を受賞する事に対しては全く異論も異議も無い素晴らしい演技だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ