レビュー一覧に戻る
ガールズ&パンツァー 最終章 第3話
上映中

ガールズ&パンツァー 最終章 第3話

GIRLS UND PANZER DAS FINALE

482021年3月26日公開

猫太郎

4.0

ネタバレいつもどおりだけど最高だぜーっ!

最期にちょっとだけネタバレ記してしまってるので、まだ映画未見の方は読まない方がいいかもだ。 ガルパンはだいたい期待を裏切らないんだけど、今回も良くできている。 と言うか、演出面でさらにパワーアップしていると言える。 TV版の時よりも戦車戦の迫力が増しているが、これはもうカメラワークの勝利。 臨場感を最優先した凄まじい画面転換で、疑似的に4Dを再現するのに成功していると思う。 また、砲撃だけだと単調になるだろうからと、戦車同士の格闘戦が非常に多い。 TV版の頃からガツガツと体当たりはあったけど、ここに至って、もう殴る蹴るに匹敵する格闘シーンが乱発している。 ストレス解消ムービーとしても一級の完成度があるとは思う。 ただ尺の都合だとは思うのだが、戦闘シーンに割く割合が多いせいか、それ以外のシーンが非常に短く(ガルパンなんだからそれで全然OK!という意見もあろうけど)まるでガンダムF91の如きストーリーのすっとばしぶりが気になった。 何かダイジェスト風味なんですが…全体的に。 そういう事するなら、いさぎよくTVアニメとして製作してほしかった感がある。 なので、キャラクターの描き方がちょい薄い感じがある。 今話ではせっかく参戦したサメさんチームの影が異様に薄いが、まあ、まだ三話あるので、そこはあまり気にしないでおこう…。 福田隊員がちょっとしたキーマン的な役割があって目立つけど、西隊長やその他のメンバーが割と「フツー」な感じで、前回の劇場版よりは大きく成長はしてるけど…それだけかな。 言い方は悪いけど、とりあえず大洗をピンチにして、結局は踏み台にされる役割だったわけだから、そりゃあ大洗の勝利を印象付けるためにもそれなりに活躍はするだろうなあ…って感じ。予定調和としてはまあまあ。 あと、今作最大の見どころ。 優花里殿がⅣ号を駆り、みほが弾頭を装填するシーン。 ここは一瞬ながら最大で最高の見せ場。

閲覧数651