ここから本文です

この世界に残されて (2019)

AKIK MARADTAK/THOSE WHO REMAINED

監督
バルナバーシュ・トート
  • みたいムービー 112
  • みたログ 129

4.01 / 評価:108件

傷を癒す時間

  • mai***** さん
  • 2021年3月27日 21時28分
  • 閲覧数 196
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

家族を喪った心の傷は簡単に癒せるものではない。
信じたくはないし、残されてしまったばかりに背負うものが大きすぎる。

医師と少女とが寄り添うようになったのは心のあるがまま。
同じ匂いをどこかに感じたからなのかもしれない。
お互いのぬくもりを感じ合う事で
亡くした家族への癒えない悲しみを感じ合う。
そうする事で
今を生きる事ができる。明日を生きる事ができる。

2人は結ばれる道を選ぶこともできたかもしれない。
でもお互いにそれを選ばなかった。
一緒に居る時間の大切さを恋愛のぬくもりではなく
家族のぬくもりであると理解していたからなんだろう。
いつかはお互いに旅立つときがくる。
それをわかっているから…結ばれるという選択をしなかった。

ラスト、思わず涙する医師だったが
一つの時代が終わる事でより自由になれる可能性が生まれた。
その時までお互いを生かしあう事ができた事への
こんなにも幸せの輪が大きくなったことへの喜びが
あの涙に変わったんじゃないだろうかと思わずにはいられません。

とても素敵な映画でした。

2021年3月27日シネマテークたかさきで鑑賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ