ここから本文です

シカゴ7裁判 (2020)

THE TRIAL OF THE CHICAGO 7

監督
アーロン・ソーキン
  • みたいムービー 387
  • みたログ 439

4.14 / 評価:292件

歴史的傑作!

  • new******** さん
  • 2021年5月13日 22時33分
  • 閲覧数 484
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

Netflix作品だが、元々、パラマウントが製作配給の映画である。
昨年のコロナによる全米の劇場閉鎖の影響を受け、公開の目途がつかないことから、パラマウントは配給権をNetflixに売却した。パラマウントとしてはオスカー狙いの作品でもあったし、苦渋の決断だったろう。
内容的にも、演技の面でも、そして脚本・演出・映像の面でも、間違いなく、傑作といえる。名優の演技を堪能するだけでも、かなりの見ごたえがある。2時間を超える長さながら、間然とするところが、まるでないのだ。
これが例年通りの賞レースだったら、オスカーノミネーションも6部門にとどまらなかったと思うし、ひとつも獲れないという結果にもならなかったかもしれない。映画は総合芸術だから、すくなくともひと昔前ならオスカー大本命の作品といっていいだろう。
アカデミー賞はしかし、すっかり変質してしまった。昨年は、外国語映画に作品賞を与えたし、今年は低予算のドキュメンタリータッチの作品に栄冠をもたらしたり、明らかな偏りがみられる。マイノリティーに忖度したり、低予算作品を持ち上げることが映画界の活性化につながるわけでないことは、当事者であれば皆わかっているはずなのに。
なお、ストリーミング作品を映画館で鑑賞する機会を提供してくれているイオンシネマには、感謝しかない。テレビドラマの映画化とアニメばかりの映画館で、ひとり気を吐いているシネコンといっていいからだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ