ここから本文です

ヘルムート・ニュートンと12人の女たち (2020)

HELMUT NEWTON: THE BAD AND THE BEAUTIFUL

監督
ゲロ・フォン・ブーム
  • みたいムービー 36
  • みたログ 18

3.43 / 評価:14件

やはりこの人はチャーミングだった

  • cur***** さん
  • 2020年12月17日 11時38分
  • 閲覧数 313
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

その作品がよく物議を起こしていた写真家ヘルムート・ニュートンの魅力をその妻を含めたモデルやエディターへのインタビューで進行するドキュメンタリーです。彼の作品の主戦場はヴォーグという誰もが憧れるファッション誌なので基本スタイリッシュなのですが、その本質は「エロ」なのです。でもそれは女性に対する畏敬の念の上に成立されていて、さらに彼のセンス・オブ・ユーモアと合い重なって崇高かつユーモラスな空気を醸し出すのです。
生前の彼へのインタビューを観るとこの人は女性に対して頭が上がらない、常に自分は引き立て役に過ぎない、という意識を持っていたのではと思わせます。
「センスがいい」「アートだ」という評価を嫌がっていたという点も惹かれます。そう、日本人で言えばアラーキーのような人でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ