ここから本文です

上映中

リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様 (2021)

監督
神志那弘志
  • みたいムービー 55
  • みたログ 207

4.06 / 評価:193件

誰のための20th映画なのか

  • nijigennyoruru さん
  • 2021年9月23日 18時46分
  • 閲覧数 789
  • 役立ち度 31
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず初めに良かった点を挙げます。
音楽関係は良かった。王子様たちが歌って踊っているシーンはテンション上がりました。CGが活かされていたと思います。最初のディアプリを載せての最終戦はグッと来ました。また最後のテニフェスプチも人気曲とかっこいいMVで何回でも見たいと思いました。
以上です。

今回の映画の大半を占めるリョーマと桜乃のタイムスリップ逃避行がつまらなかった。この二人のカプが好きな人なら楽しめるんでしょうか。
基本は二人で逃げる→桜乃ピンチ→リョーマ助ける、の繰り返しです。派手なアクションがある訳でもなく同じ事の繰り返しなので飽きます。
ヒロインは何かリョーマの役に立つ訳ではなく常に足を引っ張っていて「ふえぇ〜ん」ってリアルに言っちゃうからイラっとします。監督は、「守られるだけのヒロインは嫌いだから、桜乃にも守るもの(=リョーマへのお土産)を持たせた」と言っていました。しかしそれが裏目に出ていたと思います。このお土産を敵から取り返そうとするシーンがあるのですが、屋上から落とされそうになっているのにそんな事お構いなしに「カバン返して」って…。勿論リョーマが助けてくれます。
しかし、もしリョーマの目の前で墜落死したら彼がどう感じるか考えられないの?と思ってしまいました。これがリョーマにとって大切な何かを守る行動だったら話は別ですが、ただ自分が渡したいだけのお土産です。
そういった、ヒロインの行動に「ん?」となる部分が多々有りました。

また、話の本筋が投げやりすぎると思います。伏線回収を全くしていません。冒頭の車椅子の女性(エメラルド)が何故路地裏にいたのか、彼女は何故テニスを辞めたのか、意味ありげに隠したタトゥーは何だったのか、何故父親と仲違いをしていたのか、タイムスリップ後は何故モデルになっていたのか、リョーガの事…パッと思いついただけでこれだけあります。一本の映画なのですから、コレを全部「読者の想像におまかせします」では駄目だと思います。ちゃんと話をまとめて欲しかった。

今回の映画でやりたかったことがリョーマと桜乃の逃避行だったから話なんてどうでも良かったのでしょうか。映画オリジナルキャラ達がただの舞台装置で彼女達について何も掘り下げられないのは余りにも酷いです。しかも作者自身で声優にオファーまでしておいて…。
作者は親子の絆を描きたいって言っていましたがそこも全然かけていないと思います。リョーマは南次郎に八百長試合をさせない為に頑張ったけど、南次郎はそれが自分の息子だって気づいてないし。南次郎の引退にタイムスリップしたリョーマが関わっていたというのも、20年目でそんな設定出してくるのか…と感じます。

作者は今回、「テニプリに今まで触れたことのない人にも見に来てもらえるような映画を」と言っていました。それで大衆ウケしそう+自分の描きたい男女の物語を軸にして、人気キャラ達は殆ど出さないという選択をしたのだと思います。
しかし、私は20th映画でそれは望んでいなかった。沢山の王子様たちの、全国大会後〜U17合宿までの空白を知れると思っていました。5年間待っていたのはそういう映画です。だって5年前に作者がそういう映画だって言っていたから。でもそれは特典のランダムポストカードで描かれただけでした。

それでも、作者は創りたい物を創ればいいと思います。ただのファンにそれを止める権利はありません。
しかし特典には、映画には全然出ない王子様たちのポストカードを40種も付けて、興行が悪いと分かったら「ファンの人は何回も見に行ってね。今後のテニプリのためにも」って。
だったら、今までお金を出してきたファンが望むものを創って欲しかった。
今回特典が無ければどのくらいの興行収入だったのでしょうか。
色々なレビューで見かける「ファンなら楽しめる」という言葉。しかし、映画の情報や作者の発言、原作をちゃんと追いかけてきた人ほど、矛盾だらけに感じて楽しめないのではないでしょうか。

また、最初のディアプリの部分で、全国大会決勝戦なのに立海でジャッカルだけ居なかったことも悲しいです。

CGもプラスチックみたいなまつ毛とかすごく気になりました。2021年にこんなに出来の悪いCGアニメを見るなんて…また、私は今回の千石のモデルは好きな顔だと思っていたのですが殆ど画面に映らなかったです。勿体ない。

テニプリ=荒唐無稽
そう思っていてそれだけ求めている人たちは楽しめるかもしれません。

まだまだ言いたいことはありますが、絶賛が多い中こういう見方もあるんだと知ってもらえたら幸いです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ