レビュー一覧に戻る
リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様

Yu@無言取引OK!

5.0

異質なエンタメ作品

テニプリワールド全開でコミカルなシーンも多く、ベタで王道な雰囲気が観やすい。 笑えるシーンも泣けるシーンもあり。 ただタイムスリップするという話ではなく、踏み出すことの勇敢さで未来を変えられるというメッセージ性を感じる作品。 親子愛も魅力で、全盛期にテニスの王子様の世代だった人は親になる世代となる今、様々な視点でも楽しめる。 オリジナルキャラであろう、エメラルドにも注目。 ストーリー全体は分かりやすいが、ミュージカル要素もありなんとも異質な作品。 なにも知らずに見た為やや戸惑ったが不思議と馴染んでいく。 全て観終わって初めて、改めて理解することができる点もあり、おもしろい。 原作は漫画にも関わらずアニメ映画ではなく3Dという、特殊な作品。 CGはキャラクターの動きに可愛らしさもあり、観ていて違和感は少なかった。 観た劇場では公開4週目で男女比が半々、コロナ禍で1席空ける状態ではあるが満席に近かった。 日本の漫画原作でのCG映画は、アニメーション映画に比べ敬遠されがちになる印象なものの、意外にも人気か。 本編後のおまけである楽曲メドレーのシーンは、原作好きの人であれば必見である要素に見える。 原作を読んだことがないにも関わらず、本編ラストでは勿論、おまけでも感涙。 エンドロールのイラストは全て原作者の描き下ろしとのことで作品への愛を感じた。 全体的に色々な意味で度肝を抜かれるが、 一貫しているのは楽しませようとしているエンタメ性。 いつか漫画も手に取ってみようと思った。

閲覧数478