ここから本文です

上映中

由宇子の天秤 (2020)

A BALANCE

監督
春本雄二郎
  • みたいムービー 170
  • みたログ 240

4.00 / 評価:195件

真実の行きつくさき

  • aoi******** さん
  • 2021年10月16日 0時14分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

みんなの思いをどれだけ背負えるか胸を締め付けられる二時間半でした。

主人公は「中立」宣言をします。
カメラのこちらと取材対象のあちらのはざまで心の揺らぎを感じますが、
そこはドキュメンタリー監督としての意地なのか、どちらの側でもなく、
最後まで「中立」の信念をつらぬいたようでした。

でも、もうひとつのドラマでは、そうはいきません。
日常では中立を保つことは不可能だと気づかされます。
最後の最後、彼女は、女子高生からささやき程度の声量にもかかわらず、「そっち側」と強烈な言葉を浴びせられます。
自分の信じる真実とは、正しさとは。
ラストシーン、彼女は、信じた「真実」を語ります。
それが彼女にとって正しいことと信じた瞬間でもあったと同時に、彼女は女子高生の側についたのかと思わされました。

そして、エンドロール。
観客側にカメラを向けられたのか、
はたまた彼女側に向けられたのか、
真実とは、正しいとは、問いかけられているようでした。

重いテーマながら、主人公をとりまく登場人物が、ドラマが進むにつれ
それぞれの信じる「真実」で少しだけ救われた気持ちになっていたように感じたので、見終わった後、胸の締め付けもかるく感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ