2021年1月22日公開

KCIA 南山の部長たち

THE MAN STANDING NEXT

PG121142021年1月22日公開
KCIA 南山の部長たち
3.8

/ 333

22%
47%
21%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1979年10月26日、韓国。大統領直属の諜報(ちょうほう)機関である中央情報部(KCIA)の部長を務めるキム・ギュピョン(イ・ビョンホン)が、敬服していたはずの大統領(イ・ソンミン)を射殺する。事件の40日前、アメリカに亡命したKCIAの元部長パク・ヨンガク(クァク・ドウォン)が下院議会聴聞会で韓国大統領の横暴を告発していた。キムは、かつての友人でもあるヨンガクに大統領の命で接触し、事態収拾を図るが、その再会が彼の人生を大きく狂わせていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(62件)

切ない15.5%勇敢13.4%絶望的11.8%恐怖10.7%知的10.7%

  • xsx********

    4.0

    とても良かった!

    この作品にしろ、「シルミド」にしろ、こういった歴史上の事実に基づく韓国映画は、とても面白い。「登場人物が多い」という批評家もいるが、そんな風には感じなかった。

  • みなもとの清盛

    4.0

    ネタバレ韓流、明智光秀伝

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mit********

    3.0

    ネタバレイ・ビョンホンがアクション封じ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    4.0

    日本や中国では作れない

    実在の歴史的事件を映画化できるというのは韓国らしい。 1979年に起きたパク・チョンヒ大統領暗殺事件の映画化。 大統領と長官の友情物語ではあるが、立場が分かれることによってその政治的思いはズレていく。 そのズレを詳細に描いていき、最終的に暗殺に至るまでの葛藤。 大統領以外一応名前は変えてあるが、ほとんど実名と変わりがない。 だから歴史的事実を知らなくても、一種のポリティカルものとしても完成度が高い。 政治的駆け引きと、民衆の狭間で揺れ動く中、思いとどまらせる友情への亀裂。 ハリウッドにも盛んに出ていたが、イ・ビョンホン主演作の中でも最高の出来だと思う。 年齢に役柄がようやく追いついた印象。 シェイクスピアのオセロそのものだが、男たちの駆け引きに唸らされた。

  • 4.0

    ネタバレ実話です

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
KCIA 南山の部長たち

原題
THE MAN STANDING NEXT

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日

ジャンル