ジャック&クロックハート 鳩時計の心臓をもつ少年

JACK ET LA MECANIQUE DU COEUR/JACK AND THE CUCKOO-CLOCK HEART

92
ジャック&クロックハート 鳩時計の心臓をもつ少年
4.3

/ 4

50%
25%
25%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)


  • bakeneko

    5.0

    ネタバレフランス人も“眼鏡ドジッ娘萌え”なんだ♡

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • igx********

    3.0

    努力しても適わない、それが愛

    ジャックの体感時間が止まる時が2回ある。1回目はアカシアに初めてあった時。2回目はラストのキス。たぶんジャックはアカシアに会った時から、鳩時計が故障していたんじゃないかな。 魔女マドレーヌがジャックに注いだ愛(魔法)は彼にとって束縛になり、アカシアを好きな策士の恋敵ジョーは、ジャックに目を潰され、身体の不自由さを知る。 ジョーの目を潰したジャックは行方を晦ます為にヨーロッパ大陸を横断し、美しく成長したアカシアと再会するが、アカシアの心はイバラに囲まれ、他人を受け入れられる寛容さはなかった。彼女とその両親は過去に隣人を信じ、裏切られた経験があった為である。 この作品で一番、愛情深かったのは魔女マドレーヌではないか? 余裕がない者どうしの愛は、互いを傷つけあうのではないか?と考えさせられた。 「自分を過保護にすると退屈過ぎて死ぬ」とジャックに進言した映画技師は、2人の自我を持つ女性と恋に堕ち、自信を取り戻したが、2人の女性は互いに嫉妬している。幸せなのは技師だけなのを、彼は終始気がつかない。 「愛する女性を決闘で勝った男性が得る」「僕が君を導くよ(護る)」ってのは愛の押し付けで、相手を支配する事ではないか。 ラブストーリーに珍しくラストが悲恋だったのは「スリルを妊む愛情は誰も幸せにならない」って事ではないかと思う。陰鬱な世界観を打破できないハードロック調BGMはジャックの焦燥感を演出かと。 アカシアの様な自分を華やかに飾る人ほど、他人に心を開かないのかも。 「物事をハッキリ見たくない」と言うアカシアは、ジャックの死に対峙するまで自分に都合が良い事だけを見て生きてきた人なのかも知れない。

1 ページ/1 ページ中