2021年2月26日公開

ガンズ・アキンボ

GUNS AKIMBO

R15+982021年2月26日公開
ガンズ・アキンボ
3.4

/ 276

12%
31%
42%
12%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

街で人々に殺し合いをさせ、その様子を視聴する闇サイト「スキズム」。そこへ攻撃的なコメントを書き込んでは仕事の憂さを晴らしていたゲーム会社プログラマーのマイルズ(ダニエル・ラドクリフ)は、彼の度を超えた荒らしぶりからサイトを管理する裏組織を率いるリクターを激怒させてしまう。リクターはマイルズの住所を特定して麻酔で眠らせ、両手にボルトで拳銃を固定した上に元恋人を拉致。目覚めて驚がくするマイルズにリクターは、スキズムで最強の殺し屋とされるニックスに勝利すれば元恋人を解放すると告げる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(65件)

コミカル12.1%笑える11.1%楽しい11.1%勇敢10.1%かっこいい8.6%

  • unm********

    4.0

    近年のラドクリフ氏はカメレオン俳優みたいに活躍。

    ラドクリフ氏が何故この様な映画に出演したかはわからないが、このコミカルバイオレンスの主役をキッチリこなしていると思います。 さえないプログラマー、ネット荒らしが趣味でたまたま闇組織に狙われ銃を両手に埋め込まれガンズアキンボ(2丁拳銃)になってしまう。 囚われた元カノを助けるべく、女殺し屋から逃げながら、、という皆様仰るゲーム実況の世界観。。 けっこう評価が割れてたので期待せず視聴してみましたが、個人的には面白かったです。 ※作風の割にはグロめなので子供は見れない作品です。最近でいうと「Mrノーバディ」の世界観と似てました。 女殺し屋(サマラ・ウィーヴィング)がまた狂ったキャラで終始、追いかけ回されるドタバタもあり映画で重要な飽きない展開を演出してました。 ※この女殺し屋役のサマラ氏は「ベビーシッター」や「レディオアノット」など割と激しめなアクションに出ていて、今後も期待できそうです。 本作はB級といえばそれまでですがBGMがロックテイストで盛り上がり、映像が綺麗ですので、あまり考えずサクッと楽しめるコミカルハードボイルドとしては良作でした。 話はそれますが昔観たフランス映画の「スズメバチ」というガンアクション作品も(コミカルではないですが)オススメです。

  • wendytiger

    2.0

    ハチャメチャで、支離滅裂

    ハチャメチャで、支離滅裂、見るのが辛かった

  • KJ METAL

    3.0

    YouTubeのゲーム実況

    と同じような感覚でしたw 何も考えずに観れる映画 ただ…ただそれだけの映画

  • eri********

    3.0

    長いゲーム動画

    リアルな画質の殺人ビデオゲームに興じる人々を眺めている、といった感覚で人が撃たれようが死のうが何も感じない。

  • mkk********

    4.0

    『スイス・アーミーマン』に次ぐ、ラドクリフ史上最大の災難到来

    ネット上ではイキり、現実は冴えない。 今時ありがちなネット上の書き込みトラブルを導入において、成功不可能なミッションに繰り出されることになるラドクリフくん。 手に固定された銃がまた痛々しい。 これぞまさしく現代版"武器人間"。 R15+ということもあって、殺しの描写は直接的。 執拗に迫り来るターゲットのニックスはターミネーターを思い出させる。 全編を通して軽快なBGMが流れているのでゲーム感覚で見れるが、回転するカメラワークが多いので酔いやすい人は要注意。 物語が進むにつれニックスの過去が明かになり、その後の展開がすぐに読めてしまう。 最終バウトも少し長く感じてしまったのが少し気になる。 その分尺が98分なので気軽に見れるのは良し。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ガンズ・アキンボ

原題
GUNS AKIMBO

上映時間

製作国
イギリス/ドイツ/ニュージーランド

製作年度

公開日