ここから本文です

ベイビーティース (2019)

BABYTEETH

監督
シャノン・マーフィ
  • みたいムービー 39
  • みたログ 76

3.36 / 評価:53件

ハッピー・エンディング。

  • mas******** さん
  • 2021年2月28日 14時34分
  • 閲覧数 411
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

登場人物たちが、なんてそれぞれ問題抱えているんだろう!
冒頭のミラとモーゼスの出会いのシーンもなんだか危なっかしくってハラハラした。
両親のカウンセリングルームでの展開も、なんだか脆さを感じて不安になった。

大丈夫なのか?彼らは、って。
大人も現実を受け入れがたい。不安でいっぱい、孤独がつらい。

それでも、ミラはモーゼスと出会うことであきらめていたものをつかもうと励みだし、両親もドギマギしながら最後には応援してくれた。

いわゆる難病モノなんだけど。
画一的な展開でなく、ミラと一緒にドキドキしたりキラキラした時間を共有できる。

※難病モノといえば、韓国!
リメイクしたらどんな風にしてくれるかな?と妄想。

音楽がとてもステキで、ミラたちの行動に彩りを与えてくれてよかった。

最近、死にいく人々についての死生観を感じさせる映画を立て続けにみているので、これもまた生き方と死に方を自ら選んだ少女の物語だった。

「死ぬまでにしたい10のこと」も脳裏に浮かんで。
ミラがしたかったこと、されたかったことが切実にあって。

ヤバイ青年のモーゼスもまた、なんだか孤独で。
※しかし、なんで彼はあんなに短いショートパンツなんだ???(笑)
ミラとの時間を過ごせば過ごすほど、繊細さを見せてびっくりする。

隣の妊婦も、なんで臨月近くで一人なんだろう?
犬いるけど。

通過儀礼を自身で見つけ行動し、思うようにいかない歯がゆさ。

ラスト近くで、まさに乳歯が抜けて。精神的にも大人へと、進む。

人生のステップを踏み、そして終えて。

ミラのハッピーな終わり方。

決して、不幸じゃなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ