レビュー一覧に戻る
ベイビーティース
2021年2月19日公開

ベイビーティース

BABYTEETH

1172021年2月19日公開

ひーろーかむおん

3.0

乳歯から永久歯に生え変わる瞬間が瑞々しい

…自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  あらすじは、WOWOWの解説の次のとおり。  『ある朝、駅のホームで体がぶつかり、不良青年のモーゼスと劇的な出会いを果たした16歳の女子高生ミラ。  実は彼女は重い病を抱えていて、両親のヘンリーとアナは娘がいつ倒れてしまうかと心配し、薄氷を踏む思いで毎日を暮らしていた。  それだけに彼女を特別扱いすることなく、素の態度で接してくれるモーゼスにミラは心惹かれ、2人は刺激的な時間をともに過ごすようになる。  そんな娘の初恋を両親はハラハラしながら見守るが……。』  ミラが難病を患っていながらも、初めての恋にワクワクウキウキする仕草が愛らしかったが、難病以上にこの作品を存在たらしめているのは、タイトルの『ベイビーティース(乳歯)』だ。  ミラは言う。  「この年になっても、まだ抜けていない乳歯があるの」  で、彼氏と初エッチした途端にその乳歯が抜けるのだ。  乳歯が抜けて永久歯に生え変わる瞬間が瑞々しく描かれていて好感が持てた。  本作品の一番の功労者はパパさんだ。  愛する娘に一日でも長く寄り添うために、不良青年のモーゼスに戸惑いながらも遇する様子が健気だ。  難病ものなので、ラストには切ない別れが待ってはいるが、最良の想い出と共に短い命を閉じた幕引きは爽やかだった。  モーゼスはチンピラながらも心はピュアだったが、オイラ的にはドラッグ狂いというところがどうしても引いてしまったので、一見の価値程度はありの3.2点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数66件目)

閲覧数258