ここから本文です

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え! (2020)

BILL & TED FACE THE MUSIC

監督
ディーン・パリソット
  • みたいムービー 96
  • みたログ 238

3.25 / 評価:194件

二回 見ちゃった

  • yn3******** さん
  • 2020年12月31日 20時24分
  • 閲覧数 762
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

一回目は自分史上最大に眠りこけてしまい、場内の灯りがついても、こういう演出なのかと終わったことが理解できないくらい寝ぼけてしまいました。

帰宅後、こちらを読んでみましたら、キアヌさんや映画を常日頃から大切にしている方々の優しいコメに溢れてました。たしかに断片的に覚えている地獄なんか、世界観も作りもCGもすごかったし、しっかり作ってたよなあ、あれで見たことにするのは惜しい作品だと思い、二回目チャレンジ。

私の日本語の語彙がアレですけど、バカバカしいけど、面白かった。

シリーズものなことも知らなかったし、予習もしなかったけど、この作品だけでも大丈夫でした。

英語が面白かった。別次元の自分達と話す時、「自分達たち」みたいな uses って複数形で言ったり Dads って、家族の呼び合いがいちいち複数とか、お笑いの定石で、くりかえしているうちにおかしくなってくるやつが、ほんとにおかしかった!
二人のの息がぴったりで、ことあるごとに「タダー」みたいなポーズして、いちいちピッタリ決まるし、だんだんおかしくなりました。
刑務所にいる未来の二人が、とにかくおかしくて、殺人ロボットが囚人たちに蹴られまくるとか、映画館に私たちしかいなかったので、遠慮なくヒャハヒャハって笑いました。

娘たちが殺されて地獄にいるって聞くや世界を救う音楽をためらわず壊して捨てて、自分たちも地獄に助けに行く、カッコいい父さんぶりもおがめます。

冒頭で本作の題名が
「 FACE the music 」と初確認。
一体前回はどこから寝てたんだろう。

音楽と向き合おう、かな、世界を救う音楽ってどんな音楽か、みんな知りたいですよね!
わたしも、すごくわくわくしながら見ました!どんな音楽で、世界を救ったか、ぜひ映画で見てみてください。

エンドロールのあとも、まだお楽しみがあって、キアヌがきっと自分で演奏してると思うんですが、あのグルーヴとヨボヨボが絶妙にミックスされてるのがすごくまたまたおかしかったです。

2021はマトリックスとジョンウィックが同日公開される(はず)の楽しみな楽しみな年です。本作では見たことのないキアヌさんを拝めました。キアヌさんも私たちもまた一年がんばりましょう!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ