ここから本文です

ダニエル (2019)

DANIEL ISN'T REAL

監督
アダム・エジプト・モーティマー
  • みたいムービー 44
  • みたログ 109

3.23 / 評価:81件

クローネンバーグを少し意識したような…

  • 一人旅 さん
  • 2021年8月16日 10時57分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

アダム・エジプト・モーティマー監督作。

ブライアン・デリューによる2009年発表の小説「In This Way I Was Saved」の映画化で、ティム・ロビンスの息子:マイルズ・ロビンスとアーノルド・シュワルツェネッガーの息子:パトリック・シュワルツェネッガーが対照的な青年を演じます。

精神を病んだ母親の一人息子である内気な主人公:ルークが、幼い頃に封じ込めたはずのイマジナリーフレンド(空想の友人):ダニエルが再び眼前に現れたことを発端に、彼の存在に翻弄され自分自身の人格が揺らいでいく様子を描いたサイコサスペンススリラーです。

ジキルとハイドのように二重人格モノのかたちを採って物語が進行していきますが、中盤以降の急展開&新事実に面食らう捻りの利いた脚本が特色となっていて、神出鬼没なダニエルが次第に邪悪な本性を露わにすると共にルーク自身の内面を呑み込んでいく様子にハラハラさせられます。

共に二世俳優であるマイルズ・ロビンス&パトリック・シュワルツェネッガーの若手コンビが静と動、善と悪の対照的な青年二人を妙演していますし、『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』(18)に出演したサッシャ・レインが芸術家のヒロインを好演しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ