2020年12月25日公開

FUNAN フナン

FUNAN

872020年12月25日公開
FUNAN フナン
4.1

/ 53

26%
53%
21%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1975年4月、カンボジアでは武装組織のクメール・ルージュがプノンペンを制圧する。それをきっかけに、多数の住民たちが強制労働のために農村へ送られ、チョウは一家で地方に移動する途中で息子ソヴァンとはぐれてしまう。農村で武装組織による監視下に置かれ、苛酷な労働や不当な扱いによって心が折れそうになりながらも、チョウは息子のために生き延びようとする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(17件)

悲しい17.5%絶望的17.5%恐怖15.8%泣ける12.3%切ない12.3%

  • ひーろーかむおん

    4.0

    革命の大義も民族の誇りも、なんと虚し

    …コロナ禍以来、劇場へ足を運ぶのが億劫になり、専らWOWOWで映画を愉しんでいる古希過ぎのジジイだ。  未だ会社勤めをしているが、仕事の合間を縫って書いているので、ザックリと記す。  あらすじは、横着をして、WOWOWの解説の次のとおり。  『カンボジアの首都プノンペンで、夫のクン、3歳の息子ソヴァンらと平穏に暮らしていたチョウ。  しかし1975年4月、武装組織クメール・ルージュがプノンペンを占領。  彼らは都市部から人々を農村へ移住させて強制労働に就かせる政策を打ち出し、チョウの一家も住み慣れた家を後にするが、つらい移動のさなか、幼い息子のソヴァンがはぐれてしまう。  息子の行方も生死も分からぬまま、クンとチョウは農村で苦難の日々を送ることに。』  『トゥルーノース(2020)』に続けて観てみる。  本作も同じ民族が意に従わない者たちを虐げる話だ。  強制労働と人間の尊厳を奪う数々の暴挙に晒されても、離れ離れになった息子を再び抱きしめる日が来ることを信じて、塗炭の苦しみの中を生き続ける母親の姿が涙を誘う。  ポル・ポト政権下の圧政による死者数は100万人から200万人以上とも言われており、惨状の大きさに言葉を失う。  革命の大義も民族の誇りも、なんと虚しく響くことか……。  慄然とさせられた『トゥルーノース(2020)』の後に観たためか、残虐シーンも抑え気味に表現されているように思え、むしろ、極限状況における母親強し!に重きを置いた作品で、非常に見応えありの3.8点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数141件目)

  • lud********

    3.0

    赤いクメール

    カンボジアの内紛に関する映画はこれまで沢山見て来た。 なのでストーリーには評価すべき点は見出だせない。しかしこれが自伝であるのなら、悲惨な過去に同情する。 力による暴力によって、どれだけの人が過酷な運命を背負わされて来たのか。 人間の歴史とは悲しいものだと感じる。

  • arl********

    4.0

    実写ならなおよかった

    厳しくもいい話でした。アニメなのが残念。

  • yos********

    4.0

    生きるための犠牲

    心苦しくなる作品であった。 革命者とはいったい誰のための 社会を作ろうとしているのか。 誰を見て正しいと思うことをしているのか。 ということをつくづく考えさせられる。 洗脳された人は、権力者が絶対的存在であり それを疑うことなく、抗うことなく 同じ民族、仲間でもひどいことをする。 いや、疑っていたとしても それを表に出すことができなかったのかもしれない。 社会情勢が不安定な環境では 生きていくための選択が必要になるのだろう。 そうして家や環境や友人や家族を 最終的には心や体をも犠牲にしなければならない。 あの当日の多くの人は 生きていくための犠牲ばかりであった。 でもきっと、そんな出来事を なかったこととして過ぎ去ってはいけない。 多くの人が見聞きし、何かを感じ そして繰り返さないと強く思うことが 大切なことだと思う。

  • eikichi

    5.0

    地上波で流して頂きたい映画

    冒頭、高畑勲監督の「かぐや姫」がふとよぎった。それもそのはず、この映画のドゥニ・ドー監督は高畑氏を尊敬しており、彼に観てもらえなかったのが残念だと仰っているとのこと。 高畑監督好きな方、この作品特に刺さるのではないかなぁ。 開幕はカンボジアの平和な風景、家族団欒…この時点ですでに泣きそうになっていたので、観ている最中ほぼ涙をこらえたり溢したりしていた。 線の強弱はあるものの簡潔な印象のある人物描写。そのため一挙手一投足に感情が込められていると感じられる。 そして折りにふれて登場する「風」の存在に、始めから終わりまで心揺さぶられた。 主人公家族の親戚関係が最後まで全把握できなかったけども、家族はお互い大事なのだ!という点に集中できてかえって良かったかも。 「火垂るの墓」を流した翌年はこちらの作品を地上波で放映して頂きたい位。 東南アジアの近代史はなかなか授業で習わないだろうから、そのきっかけに… 自分ももっとカンボジアの事を学ぼうと思った作品でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
FUNAN フナン

原題
FUNAN

上映時間

製作国
フランス/ベルギー/ルクセンブルク/カンボジア

製作年度

公開日

ジャンル