ここから本文です

TOKYOドラゴン飯店 (2020)

監督
西村喜廣
  • みたいムービー 0
  • みたログ 3

1.00 / 評価:2件

ラーメン不味くなるから好きな人はNG推奨

  • dr.hawk さん
  • 2020年11月27日 22時11分
  • 閲覧数 180
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

2020.11.26 京都みなみ会館


2020年の日本映画
壊滅したヤクザがラーメン抗争で延長戦を繰り広げる任侠コメディ
監督&脚本は西村喜廣


物語はスカイツリーを望む下町の刑務所からヤクザの辰(山口祥行)が出所してくるところから紡がれる

彼を出迎えたのは兄貴分にあたる龍(本宮泰風)で、彼はベンツではなくナタデココ屋台のバンでやってきた

どういう経緯でこうなったのかを聞く辰

龍は辰が服役している二年間にギズマ(ゆうたろう)と言う謎の男によって組が壊滅させられたと言う

「そいつを探してシメてやりましょう」といきり立つ辰

だが龍は「ギズマのことは忘れろ」と言い、「中華料理店を開きたいから手伝え」と言い出す

意味のわからないまま中華料理店を手伝うことになった辰だったが、服役中に考えていた「白スープに唐辛子のラーメン」が思いの外出来栄えが良く、それを「美味しい」と食べてくれるお客さんの顔を見てどんどんのめり込む


ある日、店にYouTuberのナルセがやってきて生配信を始めた

意味がわからないまま付き合った二人だったが、その配信を聞きつけた人々が店に殺到し大繁盛となってしまう

そこに暗い過去を持つラーメン少女・ココロ(吉田凛音)がやってきて、さらにヒートアップしていくのであった


一方その頃、暴力団時代に対抗していた小沢ブラザーズの弟・和(小沢和義)が同じように出所してきた

兄貴の仁(小沢仁志)は流行っている龍の店に聞き耳を立てて、同じようにラーメン屋をやると言い出す

もともと料理が好きだった和は兄に言われるがままに「チャーシュー&もやし増し増しのコッテリラーメン」を作る

そしてそこに大食いアイドルのミミ(八つ橋さい子)を配し、ラーメン抗争を仕掛けるのである


だが、彼らの知らないところで「かつて彼らの組を壊滅させたギズマ」が虎視眈々と次の展開を狙っていた、というわけである


時間が合ったので期待せずに鑑賞、ほぼ吉田凛音ちゃんを観に行ったので、視覚的には満足

だが、映画の出来がひどすぎて擁護すら叶わない

最低限、ラーメンは美味しく撮ろうよと言う小言が出てくるし、最後の戦いもヤクザ4人が強そう見えないのも難点だった

ばっちばちにヤクザの抗争がラーメン屋で展開されていくのかと思ったら、まさかの任侠系コメディだったので笑いどころがわからず、強面のガタイの良いヤクザ役のキャストが引き立っていないのも残念だったように思う


物語としては「共通の敵が現れて共闘」と言う流れになるのだが、最終決戦が「ラーメン勝負」でなかったところに一貫性の無さを感じる

龍と仁の抗争に割って入るのが暴力で、最終的にそっち方面での決着と言うのが意味がわからず、ギズモが画面(多分株価だと思うが)を見て一喜一憂しているのも答えがなかった

場末のラーメン屋を潰していくノリで儲かるのだから、せめてライバルを潰して株価が上がる(説得力皆無ですが)ぐらいの謎理論でもいいので繋げて欲しかった

もっとも最終的に暴力で解決に至るのであれば、どっちかの店をボッコボコにして、それで共闘とかの流れの方がマシである

何を見せたかったのかよくわからん映画だったので、せめて「この映画ならではのオリジナル性」を貫いて欲しかったと言うのが本音である


龍VS仁の対決で意味不明なミュージカル演出が入るなら、せめてその応援団的な女性陣がミュージカル対決するとかが欲しいし(何言ってんのかわからんようになってきたが)、ヤクザものとしても、可愛い女の子を魅せる映画としても、料理対決としても、全てにおいて中途半端なシナリオになっているので、続編を作る気があるのなら(エンドロールで次回予告が流れてた)、どっちかに振り切って欲しい


いずれにせよ、吉田凛音ちゃんと八ツ橋さい子さんを見たいのならOKだが、ヤクザものが好きな人は絶対に見てはいけない映画だろうか

予告編を観て騙されるとは思えないので大丈夫だとは思うが、コメディとシリアスのバランスも悪いので、何だかなあと言う投げやりな感想しか出ないのが残念である

せめて「ラーメン食いたくなる」ぐらいのビジュアルにはしようよ

あと、いくら何でも「ラーメンを地面にぶちまける」と言う演出は生理的に受け付けない

和の告白のシーンの後にアレはないだろう

せめてそこでミミが激怒して「お仕置きをくらう」ぐらいのフォローは必要だったのではないだろうか

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ