レビュー一覧に戻る
浜の朝日の嘘つきどもと
2021年9月10日公開

浜の朝日の嘘つきどもと

1142021年9月10日公開

カレクック

4.0

ネタバレ空気感がすげぇ好きだった

会話のやりとりがすごく自分の好みだった 映画のフイルムを燃やす保造に出会って、あさひが妨害して会話をはじめるシーンで、燃やそうとしていたフイルムを奪い取って太陽に透かしながら眺めているあさひ表情がものすごくステキだったのが印象的 保造に対して口が悪いけど、めちゃめちゃ口が悪い高畑充希が見れて楽しかった 保造役の柳家喬太郎も表情が好きで、なにか諦めたような少しさみしげな顔が役と合ってたなぁと思う 柳家喬太郎は特撮が好きなので、映画のプログラム考えてるときにそれが反映されてたのでちょっと笑ってしまった 茉莉子役の大久保さんもよかった 自分の人生で大久保さんが死ぬシーンで泣いてしまうとは思わなかった 茉莉子の配役がよかったというか、大久保さんと茉莉子が性格とかもろもろが近かったんだろうなぁと思ってる 病院のベッドであさひと「抱けよ、バオ〜!」っで友達とちょっとした笑える愚痴 話してる感じが自然で、見てて微笑ましかった あと、バオくんが大事 バオくんがいることで普通にやるとシリアスな重いシーンもなぜか少しクスッとくる笑えるシーンになってた 初登場シーンは(なんか変なヤツ出てきた、絶対トラブル起こすやん)とか思ってたけど、映画が終わる頃にはけっこう好きになってた 潰れそうな施設をみんなでどうにかするってストーリーは別に新しくないけど、会話のやりとりとか、扱ってるテーマが映画館なので次はなんか知ってる映画でてくるかなぁ?とか、映画のタイトル書いてある小道具とか見てるの楽しかった 黒い背景に黄色い文字でグラントリノって書いてる看板とか、最後に朝日座にかかってた天使にラブソングをの看板とかがすげぇいい味出してた 映画でも小説でもアニメでもいろんな作品を見て感動することって自分の財産になるよね 楽しかった

閲覧数636