ここから本文です

上映中

MISS ミス・フランスになりたい! (2020)

MISS

監督
ルーベン・アウヴェス
  • みたいムービー 61
  • みたログ 71

3.68 / 評価:50件

良くも悪くも味付けは薄目

  • やんすけ さん
  • 2021年3月1日 18時39分
  • 閲覧数 342
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジェンダー差別とかミスコン批判とかは勉強不足なので、ただ一本の映画作品としての感想を書きます。

幼い頃から「ミス・フランスになりたい」と言ってバカにされてきた主人公青年のミスコン奮闘記。(両親がいないので)アパートの同居人たちが家族みたいな彼の、ミス・フランス地方予選から本選までの成長を描いています。
まず良い意味でも悪い意味でもフランス映画っぽくないのが特徴で、恋愛要素は薄め。愛だの恋だのといった王道フランス映画を期待すると肩透かしを喰らいます。で、こういうサクセス・ストーリーはコメディ要素を強くすると物語にテンポやリズムが出るのですが…あまりそこは意識していない印象。全体的に淡々としたつくりで、過剰な演出やドラマティックな展開は抑え目でカメラワークも割と平凡。ここら辺は評価が分かれるポイントになりそうで、リアリティがあるように感じる反面、映画としての娯楽性はだいぶ薄まってますね。

個人的には…やっぱ物足りなさを感じてしまう。過剰な演出やドラマ性がないこと自体は好印象ですが、ここまで淡々としていると「のっぺりした作品」というイメージが残ってしまいます。あと主演ありきの作品(ほんとに美形でストーリーの中盤からはもはや女性にしか見えない)なので、彼(彼女)を観たい方にはおすすめ。パッケージもフレンチ・ポップな感じでオシャレですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ