踊る結婚式

YOU'LL NEVER GET RICH

88
踊る結婚式
3.3

/ 4

25%
25%
25%
0%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(2件)

セクシー25.0%パニック25.0%かわいい25.0%コミカル25.0%

  • stu********

    3.0

    リタ・ヘイワースは永遠なり

     中々レンタルショップにも置いてないこの作品(しかも白黒)。  私が一番好きなのは、終盤の黒のボンボンがいっぱい付いたロングスカートをはためかせながら踊るダンスのシーン。    ストーリーはほとんどあって無いようなものなんだけど、とにかくリタ・ヘイワースのPVとして見たら最高。なんかもう彼女の勢いを感じますよ、ただただ。  戦時中に発表された映画だと思うとちょっと複雑だけど、なんか失われた古きよきお気楽感を体現してる、雰囲気映画だと思う(雰囲気美人的ニュアンス)。

  • ********

    5.0

    営倉のなかでも踊る

    1941年。シドニー・ランフィールド監督。女癖がわるい演出家に若い踊り子(リタ・ヘイワース)の後始末を押し付けられた振付師(フレッド・アステア)がその女性に恋してしまうというミュージカル。世相を反映して軍隊が舞台になっています。アステアの重力に抗う軽快なステップは健在で、特に営倉の中で踊るシーンはさすがです。久々のアステアでしたが、アステアの映画は何を見ても気分が晴れる。 ウソからでたマコト系の映画は数々あるけれどこれもそのひとつ。例えば、ダイヤのブレスレットのウソからアステアとリタが知り合い、軍隊慰問ミュージカルでの結婚式場面には本物の効力を持たせてしまう。間違いなく生身の人間が出演している映画においてはウソとマコトはそもそもあいまいなものだけれど、アステアのウソのようなしかしマコトのステップを見た後では、すべてがマコトで構わない気分になります。あんなダンスがあるのだから、恋や結婚がウソから始まって何が悪い。 もちろん、一方ではリタは最初からアステアを好きだったという背景があるから、数々のウソや誤解も、最初の気持ちが成就するための一時的な障害という面もないことはない(誤解の晴れかたがちょっと強引ですが)。からまった糸がほぐれる爽快感もきちんとあります。アステアとリタの二人のダンスよりも、アステア一人または大量のダンスガールと一緒のマーチ風ダンスに見所あり。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
踊る結婚式

原題
YOU'LL NEVER GET RICH

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル