ここから本文です

上映中

マスカレード・ナイト (2021)

監督
鈴木雅之
  • みたいムービー 1,228
  • みたログ 3,009

3.61 / 評価:2316件

全体的に中途半端だった

  • rin******** さん
  • 2021年10月20日 22時04分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作ファンです。1が良かっただけに期待していましたが、全体的に中途半端でしっくりきませんでした。仮装パーティーだけにセットは豪華でしたけど。

残念に思った箇所
・被害者たちが浮気をしていたことを山岸が言い当て「男たちにはその発想がなかった」と新田と久世がぽかんとするシーンが端折られていた。女性ならではの観点というのが大事なのでここは端折って欲しくなかった。ただ山岸が勘のいい従業員という扱いになっている
・犯人の動機も、女性たちが妹の代わりにならなかったとあるが、もっとエピソードはあったのに。せめて犯人と彼女たち、妹の回想を入れたら良かったのに。軽すぎる。
・実は山岸たちは生きていた、はラストのどんでん返しなはずなのに、取調室でさらっと言う。犯人も取り乱さないので大したことではなかったような扱い。物足りない。そもそも倒れた2人を見て新田がすぐ掛け寄らないのも不自然。緊迫感が足りない。
・恋愛面でも、山岸は新田の誘いに「無理です」とバッサリ。本当に迷惑そうで、恋愛要素も中途半端。ただパーティのシーンの幻想で1と対比になっていたのは斬新だった。
・プロポーズの演出もなんかあっさりでしょぼく見えた(尺があるので仕方ないが)
・客側の登場人物が多いので仕方ないが一人一人が浅くて実は被害者と接点があったと分かってもあまり響かない
・事件が終わってあっさり帰る刑事たち。従業員たちも落ち着いており。二度目なのでこんなもの?

うーん、もっと緊迫感と事件の重圧感が欲しかった。演出にこだわりではと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ