ここから本文です

上映中

マスカレード・ナイト (2021)

監督
鈴木雅之
  • みたいムービー 1,131
  • みたログ 2,529

3.61 / 評価:1923件

コンセプトは面白い。

  • ダーウィン さん
  • 2021年9月19日 18時04分
  • 閲覧数 1290
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ヘアースタイルって大事だね。接客業はとくにそうなんだろう。マスカレードホテルにも従業員専用の理髪店がある。木村拓哉が演じる新田浩介の髪型が変わると、野暮ったい刑事から清潔なホテルマンに変身だ。

 刑事は人を疑うのが仕事、ホテルマンは人を信じて尽くすのが仕事だという。今回も長澤まさみが演じるコンシェルジュの山岸尚美と新田浩介のコンビが、ホテル・コルテシア東京を舞台に起こる難事件を解決に導いていくストーリーだ。

 前作は、松たか子の変装が見事でストーリーの意外性があり傑作であっただけに、本作は厳しいレビューが多い。しかしながら、沢村一樹がよかったし、明石家さんまの出演はインパクトがあり笑った。

 テンポよくストーリー展開し、佐藤直紀の音楽も安心感がある。大晦日の仮面舞踏会には、嘴マスクのペスト医師の格好の人もいる。まさに、マスカレードナイトだ。

 そして、事件は解決し新年を迎えるのだが、9月公開では季節感がずれていていいる。晩秋の公開であればよかったのに。ここからが長い。次回作へ向け、山岸と新田の関係は恋愛に発展するかもしれないと思わせるのだが、終盤は間延びした感じがした。

 それでも次回作ができれば見るだろう。ホテルを利用するお客様は、皆、仮面を被っているというコンセプトは面白い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ゴージャス
  • パニック
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ