2021年5月28日公開

ハチとパルマの物語

1202021年5月28日公開
ハチとパルマの物語
3.9

/ 92

28%
43%
22%
5%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(28件)


  • bat********

    4.0

    ネタバレ心温まる感動の絆

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ひーろーかむおん

    2.0

    余計な付け足しが作品を台無しに

    まん延防止期間中は在宅勤務が多く、観た映画がどんどん増えて未レビューが一杯溜まってしまったので、一口寸評にする。  あらすじは、横着をして、解説の次のとおり。  『1970年代のモスクワの国際空港。  飼い主と一緒にプラハに行くはずだった犬のパルマは、書類不備のため飛行機に乗れなかった。  飼い主によってやむを得ず滑走路に放たれ、やがて空港に住み着くようになったパルマは、以来2年間ずっと飼い主の帰りを待ち続ける。  ある日、母親を亡くしてパイロットの父親に預けられた9歳の少年コーリャ(レオニド・バーソフ)が、パルマのいる空港にやって来る。』  日ロ合作作品なので観るのを躊躇ったが、ワンコ大好き人間なので観てみる。  空港に置き去りにされたパルマ(シェパード)と、一度は父親に捨てられた少年との友情物語がメインなのだが、タイトルに「ハチ」が付くことと、プロローグとエピローグの舞台が日本で、秋田犬を絡めてきたことがどうにも陳腐。  陳腐と言えば、日本語とロシア語の会話で、意味が通じ合っていたのはもっと謎。  また、エンドロールでは、鳩山由紀夫の名前も垣間見えたので、更に胡散臭さが増す。  主人が帰って来たと思って滑走路を疾走するパルマは愛おしく、少年との絆も切ないものがあったので、メインストーリーだけでも十分に見応えがあったのだが、余計な付け足しが作品を台無しにしてしまったので、観て損まではしない程度の2.4点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数199件目)

  • mon********

    3.0

    一つもハチ関係ないやんけ

    パルマの物語としては多少設定の粗さはあるもののまあ鉄板の犬ものなので許容範囲なんですがなんでこれハチとか秋田犬とか絡めてくるかな。ロシア版のハチ公物語で完結させておけば・・・そうなると日本側が出資する意味ないのか。

  • yos********

    3.0

    ネタバレ犬を飼っている人間から見るとひどい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nom********

    5.0

    やっぱり観て良かったな(^^♪

    パルマの演技力が素晴らしいです!! 全てつじつまがしっかり合ったストーリーで、冷める事も飽きる事も無く、最後まで感動の連続で観ている事が出来ました。 お互いの国同士をリスペクトしていた日露合作映画だったので誇らしい気持ちになりました。ありがとうございます。

  • bhy********

    5.0

    パルマ良かったね

    始まって5分で号泣状態で、ずっと涙が止まらない。 でも最後にパルマが本当の幸せをつかむことが出来て良かった。 シェパードまじ頭いい。

  • xwh********

    5.0

    ネタバレ主人公のコーリャとパルマの息の合った作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mat********

    3.0

    犬が好きすぎて…

    犬が好きなので観に行った。 まさかの邦画だった。 基本的に邦画は観ないんだけど映画が始まって日本語のタイトルが出たから気付いた。 冒頭から30~40分は映画の出来はかなり酷い。 セリフや演技も演出も取って付けたようで観ているのが辛かった。 犬の扱いがひどいことも原因かもしれないが。 途中からパルマが主人公になってきて健気な姿を見せ始めると映画の出来なんてどうでもよくなる。 もうパルマが走っているだけで泣けて泣けて。 タオル持参していたし、平日の朝一で客は自分一人だったので思う存分、嗚咽とともに泣かせていただいた。 映画が終わって他に一人いらっしゃったと気づいてホラー映画並みに驚いたが。 正直、映画としては低レベル。 主人公が帰ってきて子供時代の回想が始まるという構成は「ニュー・シネマ・パラダイス」そのまんま。 犬好きでなければめちゃくちゃしんどい映画だと思う。 でも犬好きは犬が出ていれば満足なのでいい映画だったのかどうかマトモに判断できない。というか、どうでもよくなる。 日本でのシーンをすべてカットして90分の作品にしたほうが良かったと思う。 犬好きなのでオマケで☆3つ。

  • mai********

    3.0

    こういう話が外国にもあるんだ…

    そんな風に思ったお話。 それ以上でもそれ以下でもない。 ただそこに環境になじめない少年と 置いてけぼりにされた犬がいて お互いの事を必要とした。 時間がお互いを近づけて それがやがて相棒だと認め合う仲にしていった。 大騒動なのはとても面白くて 旧ソ連でそんな事が起きてたの?という感じ。 意外とおおらかな印象があって迷惑そうにはしてないのが興味深い。 勿論直接的な被害を被っていない方に関しての印象ですけど。 ヒステリックに起こり出すような方がいなかったのが 実話が実話として残された要因なのかもしれません。 まぁKGBも犬相手では動き出さなかったというだけの事か(笑) 大事なものが何なのかを少年と犬との繋がりから 改めて教わるような作品。 2021年6月6日MOVIX伊勢崎で鑑賞

  • machappy

    5.0

    これからペットを飼う人に見てほしい

    犬好きなのでつい犬の映画は見てしまいます。今回もストーリー展開はお決まりだろうし期待しないで見ていたら、開始早々のモスクワ空港滑走路シーンあたりから号泣。その後も泣ける描写がいくつも。始めと終わりのこじつけ日本場面やクレジットに政治的なものを感じますが、犬と子供の演技が全て忘れさせてくれます。個人レベルでも国家レベルでも関係なく大人の事情でペットを悲しい目にあわせないで。だからこれからペットを飼う人に(もちろん今飼ってる人にも)見てほしいと思います。

  • koi********

    3.0

    「お涙頂戴」定番のストーリー

    「虐げられている弱きもの(子供や女性や動物など)が、ひどい目、つらい目に遭いながらも懸命に生き、最後にちょっとだけ幸せを掴んだり、希望の光を見出してドラマを締めくくる」というのが、お涙頂戴・感動ドラマの絶対的定番のセオリーだけど、本作も事実の映画化には違いないだろうけど、脚本が上記のセオリーに沿ってかなり脚色されているのが、目についてちょっとしらけました。でも、ドラマではなく、見どころはパルマの演技力。目で、表情でかなりな迫真の演技に感動しました。白土家のお父さん犬より、はるかに上手かった。来世は必ず人間に生まれ変わって俳優になって下さい!冒頭の秋田犬記念館のオープンシーンに壇蜜さんが出てきたのには違和感ありすぎ。いくら秋田出身と言ってもちょっと盛り過ぎでしょう。この冒頭シーンからしらけちゃったのかな。

  • kmr********

    4.0

    天才犬

    ソビエト時代のロシアを観ることができ、見応えがありました。タイトルからするとただの感動モノ(動物と子供)っぽいですが、 2時間退屈することがない素晴らしい作品でした。 (エンドロールにデヴィ夫人と鳩山由紀夫の名前が載っていたw)

  • ひろちゃん

    5.0

    ロシア版忠犬物語

    犬好きな人におすすめ。 忠犬ハチ公は有名だし、ハリウッドでもリチャドギア演じる映画が上映されたしさてロシアではどんな感じで描かれるのか楽しみにしてました。 ハチ公で列車が到着して降りてくる主人を待つのですが、さすがロシアでは飛行機から降りてくる彼を待つ。時代はオリンピックが3年後に開催される頃。   それからこの映画は字幕スーパーですが英語には慣れていると思いますがロシア語会話ですので。 日本では、知られているロシア語は少ないので。ピロシキ、ビーフストガロフやボリショイ(大きいという意味)、あとイクラぐらいか、 映画では、犬はサバーカです。ありがとうはパッシーバです。 イヌに関して、子供のころ、近所の人が飼っている犬があまりにも吠えるので近所迷惑になるので遠くへ捨てに行ったのですがしばらくして戻ってきました。飼い主が困っていたのを覚えています。山で遭難して寒いところで取り残された坊やが犬を抱いていたので助かった話などたくさんあります。 イヌは人の心を読んできます。子供のころ落ち込んでいたら思い切り吠えられたのを思い出します。落ち込んでいる場合かと。 見ていて楽しくもあり悲しくもあり終わり方もよくやったという感じです。十分楽しめると思います。

  • pel********

    4.0

    心が洗われる

    感動のシーンが多々あり、泣けました。 フランダースの犬、忠犬ハチ公のシーンが思い浮かべられ郷愁とともに心が洗われました。言葉が通じないけれども心が通じることの大切さがわかりました。 老若男女問わず鑑賞できる秀逸な作品です。カ〇タさんありがとうございました。 by Ⅿ・Ý

  • correspondent

    5.0

    本当に感動しました。

    このパルマって言う犬は、2年も飼い主を空港で待ち続けました。 飼い主が昇進のため、犬(パルマ)を同行させようと空港に行きましたが、 パルマが検疫検査をしたところ、中耳炎にかかっていることが分かり、 パルマを飛行機に乗せることが出来ないって言うことになり、飼い主は 自分の人生を大きく変えるくらいの昇進を控えており、やむを得ず、 その場でパルマを置き去りって言いますか、置いていくしかなくて、 それで毎日飼い主の戻りを空港で待ち続けたって言うストーリーでした。 それで、その主人公の子役(コーリャ)がパルマの姿を見て、かわいく なり、飼い主が戻るまで引き取るようになりました。 それで、毎日飼い主が戻るのを一緒に待ち続けました。 やっと本当の飼い主が戻ってきました、それで、飼い主が自分の昇進先 のお国に連れて帰ろうとしたところ、パルマはどうしても飼い主と 一緒に行きたがらず、飼い主よりも主人公の子役(コーリャ)のところに 居たいと選択、飼い主も子役の寂しそうな姿に感銘し、パルマを子役 引き渡しました・・・ 本当に涙なくして観れなかったです。 飛び立つ飛行機の前に立ちはだかり、離陸する時も一生懸命追いかける パルマの姿、思い返しただけでも涙があふれます。 コーリャの母が他界し、実父がお迎えに来たシーンでコーリャの 寂しそうな姿があまりにも不憫で、まだ母親の愛情が恋しい時期なのに、 実父が「しょうがないだろ・・・」的な感じの、なんだかそっけない 実父の態度が少しいただけませんでした。 もう少し子供の気持ちに歩み寄ってほしかったです。そうしたら子供 だって、きっと少しは実父の気持ちや考えに理解してくれてた はずだと思いました。 次第に打ち解けてきて、最後は国際線パイロット昇進よりも、コーリャ やパルマのことを選択した時の実父の姿に感銘しました。 コーリャもきっと、実父の愛情を感じたと思います。 また実父の同僚たちも同じように国際線のお仕事より、コーリャと パルマのことを選択した時も素晴らしいな~って思いました。 でも実父も同僚たちもきっと、国際線乗務を降板させない処遇に されたはずと信じたいです。 ニーナのお父さんもコーリャとパルマの面倒をよく見てくれたと 思いました。優しいお父さんでした。 コーリャがやがておじいさん世代になり、秋田に孫娘を連れて 来て、秋田犬をプレゼントするシーンも温かい気持ちを感じ ました。 実父とニーナ、再婚したかな~?実父役の俳優さん、とても カッコいい人でしたし、ニーナ役の女優さんもとても美人でした。 犬は人間以上に人の心を感じ取れる動物だと改めて思いました。 私も、そういう犬を飼ってみたいと思いました。

  • Dr.Hawk

    3.0

    ネタバレハチ公ほぼ関係ないロシア忠犬物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 柚子

    3.0

    涙腺崩壊

    涙腺崩壊しそうなほど、泣けた マスクのせいもあるが、窒息しそうなほど、泣けた が… なぜコーリャとパルマの物語だけじゃいけなかったの? 秋田犬を絡めなければならないのは、なぜ? それこそ政治的な企みがあるのかな? パルマが元飼い主を求めて、繰り返し繰り返し出迎え、そして、少年コーリャと出会う 猫は家につき、犬は人につくという パルマは、忠犬以上なものを持っていて、人間の心がわかるのだろうなぁ 賢いというより、本能的な何かを持っている 余談 パルマの下の歯がないのが気になったが、それゆえに、通しでずっと同じ犬だとわかる 本当に可愛い犬でしたね

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレAlomaもPalmaも同じ”ハト”を意味します

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cro********

    4.0

    感動できる映画

    犬の演技力がなかなかのものでした。セリフがなくても感情が伝わってくるようです。 個人的には父親のパイロット仲間たちがとても好きです。

  • 埼玉太郎

    4.0

    犬がかわいかったです

1 ページ/2 ページ中