踊る大紐育(ニューヨーク)
3.6

/ 73

21%
36%
34%
5%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(20件)


  • shinnshinn

    4.0

    シナトラのNY.NYは2コあるんですね。

    1949年劇場公開のラヴコメディでミュージカル映画です。「ザッツ・エンタインメント」(74)で、冒頭の有名なワンシーンは観ていましたが、通しで観たのは今回が初めてです。第二次世界大戦や太平洋戦争に勝った国の戦後4年目。映画は世相を映すというけれど、内容がすべてにおいて、ひたすら明るく楽しい。元気いっぱい、夢いっぱいなのだ。アメリカ人が大好きな<善が悪に勝つ>という、単純なセオリーに酔いしれていた最後の時代。朝鮮戦争直前でベトナム戦争はまだ先の事です。同じ49年劇場公開の黒澤明監督作品「野良犬」なんかは、闇市やら、焼け野原やら、ただただ重苦しく、ひたすら貧乏くさい。やっぱり、戦争は負けちゃダメだなぁと。負けない方法があります。やらない事です。 ニューヨークに寄港した3人の水兵さんが、上陸許可と24時間の休暇をもらう。この親友3人組が思いっきり大都市の観光地を巡り、大都会のカワイコちゃん(死語か)を見つけるという、他愛もないお話。主題歌「ニューヨーク・ニューヨーク」の歌声に乗せて、お上りさん3名がニューヨークの名所を巡る。ここが、スタンリー・ドーネン監督の手際のいい演出と編集によりテンポが実にいい。個人的にスタンリー・ドーネンで一番好きなのはオードリー・ヘップバーン主演の「いつも2人で」(67)なのだが、独特のカメラワークが上品で、この方のテンポ作りにはセンスを感じる。振り付けは、すでにミュージカル界の大スターだった主演のジーン・ケリーが担当しています。この方はとても男性的な力強いダンスをします。優しく柔らかい繊細なダンスのフレッド・アステアとはハリウッドミュージカル界の双璧。どちらが好きかは好みです。流石にリアルタイムでは僕も観ていない(「ザッツ・エンタテインメント」(74)、「ザッツ・エンタテインメントPART2」(76)は大変勉強になりました。ミュージカル映画の入門書です)。 女性のタクシードライバー(ベティ・ギャレット)がフランク・シナトラに猛アプローチをするのが可笑しく、女性から行くのはハシタナイとされる当時の日本との<お国柄>の違いを感じる(女性のタクシードライバーが普通にいること自体、当時の日本とは違うのだ)。本作のシナトラには後の<ショービジネス界の大御所>という大物の雰囲気はまだなく、ヤセギスで顔も締まっている。ハンサムかどうかは好みだろうが、どちらかと言うと感覚的には、若い女の子に騒がれる<アイドル>に近い感じがあるのではないか。 美脚自慢のアン・ミラーが裾の長いグリーンのワンピースを着ているので、いぶかしく思っていたのだが、スカートの真ん中に深いスリットが入っていて、高速回転で踊り出すと、スカートがヒラヒラと真横に全開になる。見せ方のギミックは流石、ハリウッドです。 49年当時のニューヨークは実に健全で安全です。僕が映画館に足を運んだ70年代は「ゴッドファーザー」(72・お話は50年代だが)や「タクシードライバー」(76)など、重厚で暗く沈んだお話が多かったような気がする。「狼よさらば」(74)や「ウォリアーズ」(79)などを観て、「ニューヨークってコエーよ~」と思ったものです(笑)。

  • aki********

    4.0

    全編これダンス、ダンス、ダンス!

    ジーン・ケリーとフランク・シナトラ以外の俳優は知らなかった。が、映画の8割は踊りのシーン、これだけの振り付けを考案するのはさぞたいへんだっただろうと、感心カンシン。 さて、原題は、On the Town というなんの変哲も洒落っ気もない代物。 が、邦題は「踊る大紐育」。 邦題の方がどれだけ的を得たものかと当時の配給会社のセンスの良さを感じる。 1960年代以前の洋画の邦題は抜群のセンスのものが散見される。昨今はとんでもない題名や、英字そのままのものも多いが…… そういう意味で明らかに昔の映画人は教養があり、才能も高く、何より映画愛に溢れていた、現代人の方が劣後していると感じるのは自分だけだろうか?? 映画は多少の中弛みはあるものの、最後までの楽しく見れた。振り付けの一部はその後ジーン・ケリーが共同監督する「パリのアメリカ人」に引き継がれていた。★4

  • tat********

    3.0

    若者のエネルギーを感じる

    海軍兵が、一日の上陸を許されレディーとひとときを過ごす。 博物館で一騒動起こし追われる身に・・ コメディタッチのミュージカルで楽しめる。そして、踊りは一流だ。 タップダンスが懐かしい。 フランクシナトラが若い! キスシーンが今とは全然違う。 ーー 2021/04/15 7

  • twi********

    5.0

    名作だと思う

    古き良き時代の名作 今はこの映画は作れない 世の中そして人は良くなったのかと考えてしまう おバカ映画かと思って観始めたら 途中からなかなかの名作だと感じた 映画の始めと終わりがとてもおしゃれ

  • tos********

    3.0

    ただただテンポが良くて、楽しい

    ニューヨークに上陸した三人の水兵たち。観光とナンパ、24時間でどれだけ楽しめるか。ゲイビーはミス地下鉄を探し、チップはタクシー運転手、オビーは学者と親しくなる。  ただただテンポが良くて、楽しいミュージカル。三人のヒロインの中で、学者が一番踊りがダイナミック。

  • beautiful_japan_

    4.0

    ミュージカル・コメディーの名作

    海軍の水兵ゲイビー(ジーン・ケリー)、チップ(フランク・シナトラ)、オジーの3人は24時間の上陸許可を与えられ、ニューヨークに繰り出す。3人が乗った地下鉄に貼られていた「ミス地下鉄」アイヴィ・スミスのポスターを見たゲイビーは、アイヴィに一目惚れする。 3人がゲイビーを探す過程でニューヨークの名所の名前が挙げられ、エンパア・ステート・ビルの展望台から摩天楼の景色が映し出される。 ドタバタ劇がミュージカル仕立てで演じられ、見ていて楽しい。ただ、ジーン・ケリーもフランク・シナトラも抜群の歌唱力なので、本格的なミュージカル映画でもある。 ヒロインのアイヴィを演じるヴェラ=エレンは抜群のスタイルだが、ウェストが細すぎてかえって心配になる。摂食障害だったらしい。

  • しおびしきゅう

    4.0

    ピテカントロプス似の水兵!

    『プレミアムシネマ』で鑑賞! 2021年1月1日(金)放送分を録画で! いやあ、本当に、エネルギッシュ! 午前6時から、翌朝の午前6時まで、たった24時間の水兵の休暇! 眠る暇はないけれど、恋する時間はたっぷりある! 名所を回って見物し、歌って踊ってタップする! 楽しくなければ映画じゃない!? ホントに楽しい映画だね! 何が凄いって、踊りが凄い! キレのある動き、全身を使って、指の先からつま先まで! スピーディーで、目が回りそう! いやあ、楽しかった! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • hcj********

    4.0

    MGMのミュージカルはいいね

    ジーンケリーはもちろんだがアンミラーのタップダンス凄い。 ヴェラエレンもいい。 面白いのは女性タクシードライバーベティギャレットのルームメイトでブスの役のアリスピアス。 奥様は魔女の隣に住んでてサマンサの魔法を覗いて見ちゃってビックリして旦那を呼んで毎回馬鹿にされるおばさんだ。こんな映画にも出てたんだね。

  • al2********

    4.0

    ニューヨーク観光コメディミュージカル

    ジーンケリーがスタンリードーネンと共同監督し、フランクシナトラと共演したミュージカルコメディ。 一日だけのニューヨークでの休暇を過ごす3人の水兵とニューヨーク美女たちの恋有り笑いありのお話で出演者たちの素晴らしい踊りや歌が楽しい。 出演者たちはみな生き生きとして歌や踊りを見せるが、いつもシリアスな役柄のイメージがあったシナトラのコミカルな演技が個人的に新鮮で印象に残る。 監督主演のジーンケリーは後の名作「雨に唄えば」でもおなじみのダンスステップを軽々踏みながらの歌う姿はやはり素晴らしく感動する。 古き良きニューヨークの観光地巡りもしながら楽しめる傑作ミュージカル。

  • ハードコア

    4.0

    ヴェラエレンが印象的

    数年前に新文芸坐に何も知らずに鑑賞してからお気に入りの1本。この映画を観て一番印象的なのはヴェラエレンの踊りだったが、誰が観てもクレジットの扱いがおかしい。少なくともタクシー運転手の女よりかは上だろう?まあ素晴らしい映画なのは間違いない。

  • 一人旅

    5.0

    エンパイアステートビルはNYの誇り

    ジーン・ケリー/スタンリー・ドーネン監督作。 ニューヨークを舞台に、休暇中の水兵3人組の恋の行方を描いたコメディ。 1944年にブロードウェイで初演された、アドルフ・グリーン&ベティ・コムデン脚本、レナード・バーンスタイン作曲のミュージカル「オン・ザ・タウン」を、後年『雨に唄えば』(52)を手掛けることになる黄金コンビ:ジーン・ケリー&スタンリー・ドーネンが共同で映像化したミュージカルコメディで、ジーン・ケリー、フランク・シナトラ、ジュールス・マンシンが3人の水兵を演じ、それぞれの相手役としてベラ=エレン、ベティ・ギャレット、アン・ミラーが出演しています。 ニューヨークを舞台に、午前6時から始まる24時間の休暇を貰った3人の水兵が、それぞれ別の女性と出逢い恋に落ちていく様子を描いたミュージカル恋愛コメディで、自由の女神、自然史博物館、エンパイアステートビル、タイムズスクエア、セントラルパーク、ブルックリン橋、コニーアイランドの遊園地…とニューヨークの名所を巡る観光映画としての魅力も詰まっています。 劇中を彩る軽やかで楽しいミュージカルシークエンスに魅了されるロマコメで、白の水兵服で統一した3人組とピンク、グリーン、イエローと鮮やかな色の衣装を身に纏った3人の女性が織りなす恋模様がコミカルに描かれています。 24時間という限られた時間における、休暇中の水兵3人組とミス地下鉄&女性タクシー運転手&女性人類学者の邂逅と恋の行方を多彩なミュージカルに乗せて魅せていく天真爛漫なコメディ作品で、カラー映像によるニューヨークの街並みや風物の美しさにもうっとりします。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ“New York, New York”♪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    5.0

    こんな楽しい映画を観れた人達って・・・

    そりゃ、「雨に唄えば」のコンビだもの、面白くないワケがない。 もう、元気、元気、元気!最高です。 コレが60年前の映画って考えると、やっぱ、本物には勝てないなぁと思う。 ダンスシーンの、信じられないテンション、CG無しだしね。 ウチのじいちゃんが良く言ってた。 「今の映画は、楽しくねえよ!うじうじ、くさくさしたヤローばっかりだ!」 そんな言葉が、思い出される・・ じいちゃんは、「ジョン・ウェイン」と「フレッド・アステア」が大好きだった。 ジーン・ケリー観る度、「こいつのは体操だ!」って言ってた。 「でも、イキオイあるから、いいやね・・」そううなづいてた。 俺がビデオで、この映画を観ていた時、じいちゃんも「おっ!ジーン・ケリーか!」 と言って、隣に座って、一緒に観た。 「こんな、ちっちぇえテレビで観てもこの映画の良さはわからねえぞ!」 よく、そう言って笑ってたな。 こんな楽しい映画を、映画館で観れたなんて、昔の人が羨ましいね。 俺達が観てるのは、CGばっかり大袈裟な、くら~い映画ばかり・・ いい映画を観ないと、いけねえな・・死んだジイチャンの口グセだ。

  • qaz********

    5.0

    素晴らしい傑作

    まさに油の乗った時期のケリーとシナトラという豪華なキャストです。 「ニューヨーク・ニューヨーク」の広場のシーンでは大勢の野次馬も背景に写っていました(笑)。これは面白い!見るべきです!

  • ハタケ(B君(永遠の能條推し))

    4.0

    ぴあシネクラブ1997より

    丸写しです! m(_ _)m  24時間の休暇をもらった水平ゲイビー、チップ、オジーの3人が、ニューヨーク埠頭に降り立ち「ニューヨーク、ニューヨーク」を歌い出すファースト・シーンからラストの3人の水兵と女、警官隊の大騒動まで、実に楽しいミュージカル。G・ケリーの振付けはみごと。 アカデミーミュージカル音楽賞受賞。 ミュージカル好きは押さえておきたい1本!

  • いやよセブン

    5.0

    レナード・バーンスタイン作曲

    ニューヨークで24時間の上陸許可をもらった水兵3人(ジーン・ケリー、フランク・シナトラ、ジュールス・マンシン)が、彼女を見つける話。 お相手はミス地下鉄のヴェラ=エレン、タクシー運転手のベティ・ギャレット、考古学者のアン・ミラー。 それぞれソロの歌と踊りが用意されているが、迫力あるのはやはりジーン・ケリーとアン・ミラー。 底抜けに明るいミュージカルだが、一番の楽曲は舞台版の作曲者レナード・バーンスタインの「ニューヨーク・ニューヨーク」。

  • yuk********

    3.0

    こんな楽しい24時間が過ごせたら・・

    たった24時間のお話なのに、唄って踊って、走り回って、とってもエネルギッシュです!こんな24時間が過ごせたらどんなによいことか。とうらやましがりながら見ていました。初めてDVDで見ましたが、楽しい作品でした。 でも、さすがに「雨に唄えば」ほどではないかな。 (観賞日_2010_04_18)

  • ese********

    5.0

    紐育と書いてニューヨークと読む

    一応「錨を上げて」の続編という事ですが 主演のジーンケリーとフランクシナトラの2人を除いたキャスト スタッフは全く違います 話の題材こそ水兵さんの休暇を扱ってて同じだけど全くの別物です タイトル「踊る大紐育(ニューヨーク)」 紐育と書いてニューヨークとは、誰だ考えたのは? そもそも外国の都市を漢字で表記する意味があったんかね? ちなみに亜米利加の都市名漢字にしたら他にもこんなんあります シカゴ⇒市俄古 サンフランシスコ⇒桑港 ワシントン⇒華盛頓 ロサンゼルス⇒羅府 フィラデルフィア⇒費府 むちゃくちゃです さて今作は超豪華出演人によるMGMミュージカルコメディ ジーンケリーは今回主演の他、監督、ダンス振り付けもやってます 意気込みが相当なもんだったのは観て取れます 前作「錨を上げて」も十分楽しかったけど 今作は更に10倍は楽しいです コメディ色がかなり濃くなってます、しかもおもろすぎ このセンスジーンケリーのものだったらあんた天才 ぶっさいくな女が1人出てきますが こいつがまたよごれ役に徹してるというかいい味だしてるんです 例えていうならフィーリングカップル5対5の5番目の女 こいつをキャスティングしたのもジーンケリーならやっぱあんた天才 ミュージカル部分も手抜きしてません 知ってる曲はほとんど無かったけどノリノリのイケイケです 気付いたらボク部屋で1人のってました 6人で踊るシーンは圧巻、それでいてノリノリのイケイケです 特にアンミラーのダンスは際立ってます とにかくノリノリのイケイケなんです ストーリー部分も非現実度120%ですがおもろいです 最後にはカーアクションさえ飛び出します ロマンス色も前作より強くてキスシーンが多いです 嫌味無くちゅっちゅっやってます これからまだまだ素晴らしい映画に出会うと思うけど 好きな映画ベスト10、いや、ベスト20には食い込む事 間違いなしの優秀作です 今作に出会えた事に感謝です よりいっそう映画が好きになりました ありがとう ジーンケリー あんた天才

  • fbx********

    3.0

    ジーン・ケリー

    役者としても監督としても過小評価されている。 奇跡的な傑作ではないけれど、この作品のような 素敵な小品をいくつもつくっている。 ミュージカルはいい。タモリのような輩には否定されて結構。

  • jas********

    3.0

    明るくて楽しいミュージカル映画☆3つ

    一日だけの休暇をもらった三人の水兵さん達が、 ニューヨークの町を舞台に 歌って踊りまくるミュージカルです。 しょっぱなからいきなり街中で踊りだした時には、 「これはやばい! このまま最後までいくのか!」 と戦々恐々だったのですが、 お話が落ち着き始めてからは楽しく鑑賞できました。 水兵さん達はそれぞれガールフレンドを作り、 一応ロマンスは絡ませているんですが、 ストーリー自体はほとんどありません。 明るさが売りのミュージカル映画なので、 変に凝っていない方が気楽には観れると思います。 キャスティングはバランスが取れていて非常に良かった。 ジーン・ケリー、フランク・シナトラの安定感、 ヴェラ・エレンも踊りがうまくてかわいいんですが、 特にアン・ミラーのスタイルの良さと、 迫力のあるタップダンスには思わず見とれてしまいました。 ミュージカル映画が好きな人には お薦めの作品です。

1 ページ/1 ページ中