ここから本文です

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~ (2021)

監督
松居大悟
  • みたいムービー 122
  • みたログ 313

3.29 / 評価:255件

バイプレの森の賑わいとあたたかさ

  • ねじまき鳥 さん
  • 2021年4月11日 0時31分
  • 閲覧数 1113
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

ドラマファンとして楽しみに映画に行きましが、いい意味でドラマのゆるゆるさが残る雰囲気キープ、悪い意味で映画までグレードアップさせ、ここまでのメンツを集めてメリハリなく微妙なストーリーで良いのか、という間延び感。
ドラマと映画をつなぐことは難しいものですね。

どんなに豪華な面々が出ても、かなりの間延び感で半ば寝そうになっておりました。
ドラマでは攻めたパロディ笑いだったのに、え?ここにきて犬?なの?

と思いながら見続けるのかかなり苦痛な時間が続きます。

それでも、多くの役者さんがお話の設定にしばられず、「俳優の自分」を演じきる面白さ、ストーリーを見せるというよりも、俳優として演技をする場への思いを伝えようと、そのために演技するこの作品は、他の作品には出せない独特の魅力を引き出すのも事実で。

そんなことを感じつつ見進めていくと、やがてそこには大杉漣さんへの暖かい想いが。
これはずるいわ。こういう想いを出されたら心が動かずにはいられない。
そこからたたみかけるように映し出す最高のラスト。
確かに、これはこの作品でなければ絶対に見えない景色。
主役が誰とか、原作が誰とか、そんなこと関係なく、どんな作品でもどんな役でも演じ切る、そんな役者たちが皆笑顔で映る、とても温まるシーン。

あぁ、もうこれを見れたらそれまでのストーリーとかもうどうでもいっか、と思えます。

どうか最後まで辛抱のお付き合いを。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ゴージャス
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ