レビュー一覧に戻る
返校 言葉が消えた日
2021年7月30日公開

返校 言葉が消えた日

返校/DETENTION/DETENTION

R15+1032021年7月30日公開

ron********

3.0

こんなホラー、あんまり見た事ない

台湾の大ヒットホラー・ゲームを実写化し、第56回金馬奨で最優秀新人監督賞を含む5部門を受賞したダークミステリー。 女子高生ファンが教室で目を覚ますと周囲は無人。 校内をさ迷う彼女は、政府から禁じられた本を読む読書会メンバーの男子学生ウェイと出会う。 出演は、ドラマ『あすなろ白書~Brave to Love~』のワン・ジン、ツォン・ジンファ、フー・モンボー、セシリア・チョイなど。 監督・脚本は今作が長編デビュー作ジョン・スー。 脚本は他に、フー・カイリン、「一万年愛してる」のチエン・シンケン。 音楽・主題歌は「1秒先の彼女」のルー・リューミン。 主題歌はサマー・レイ。 原題「返校」 映倫区分R15+ 2019年作品 台湾映画 配給はツイン 上映時間103分 ゲームは知りません。 日本でもヒットしたのかな? ゲームの事は全然わかりません。 なかなか面白かった。 こんなホラー、あんまり見た事ない。 1962年の台湾の蒋介石の時代、自由が罪になる時代の台湾、中国国民党が強権政治を敷いていた戒厳令化の高校を舞台にしたホラー。 台湾の歴史的背景もあり、ミステリー度数もかなり高い。 そして60年代という時代もあり、ノスタルジックさもかなりありで台湾って感じがしてとてもいい感じ。 このノスタルジックさが、より怖さを高めている。 ただ、めちゃめちゃ怖いというよりも、ミステリー要素の方が強いかな。 それはそれで別にいいのだけれど。 そういう時代背景があってこその物語なので、ただの怖がらせるだけのホラーではない。 音で怖らがせてくるところもあります。 原作がゲームらしく、クリーチャーも出て来ます。 幽霊的なものもいます。 でも、とにかく時代背景と恋愛要素もありで、ドラマ自体に深さを感じる。 二八事件や白色テロ時代の台湾の背景について知ってたらもっと楽しめたでしょうね。 もうその歴史自体がちょっと怖いですもんね。 少し走っていますが、もっと深く勉強していけばよかった。 ただ、理解できない作りではない。 テンポも悪くない。 なかなか怖いのもいい。 ストーリーもわかりやすく、見易いですが、表現はかなりダークファンタジーなので普通のわかりやすさではない。 ラストはちょっと感動して泣いてしまいそうになった。 ちょっとギレルモ・デル・トロ監督の「パンズ・ラビリンス」を思い出す作風だった。 ラストは、見る人に委ねる系ですね。 どう捉えるか、どう感じるかは人それぞれ変わってきそう。 それにエンドロールで流れる主題歌が、映画が終わってからもしばらく頭から離れなかった。 ネットフィリックスでドラマ版が配信されています。 是非観てみよう! ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数41館と少ない。 2021年7月30日(金)から公開。 同日、または前日公開の作品は2021年7月29日(木)から「ジャングル・クルーズ」、2021年7月30日(金)からの公開作品は、「都会のトム&ソーヤ」、「イン・ザ・ハイツ」など。同日期公開の作品は、「竜とそばかすの姫」、「SEOBOK/ソボク」、「プロミシング・ヤング・ウーマン」など。 ちなみに今作の製作費は9300万ニュー台湾ドル。 大安では大ヒット。 日本ではミニシアター系の公開なので、高い興行は期待できません。 台湾Netflixでは配信されています。 日本ではドラマバージョンがありますが、映画は配信されてないので、今回の劇場公開の運びになったんでしょうか。 初登場圏外スタートと予想。 最終興行収入は2200万円くらいか。 星3つ半(5点満点) ★★★☆

閲覧数984