レビュー一覧に戻る
返校 言葉が消えた日
2021年7月30日公開

返校 言葉が消えた日

返校/DETENTION/DETENTION

R15+1032021年7月30日公開

pan********

5.0

これ名作なんじゃないでしょうか

事前の情報もなく観ましたので、ゲームから派生した作品であることも後から知りました。暗い教室の闇に少女(主人公)がひとり目を覚ますところからこの映画は始まります。なぜこの少女は闇を彷徨っているのか?観客もともに闇の中をさまよううちに、いろいろ理解していきます。この展開はきっとゲームの進行ともかかわりがあるんでしょうが、謎解き物として素晴らしい。何が起きているのか分かるにつけ、観客は大きなものを突きつけられることになります。人間の業…弱さと身勝手な欲望…が妄想となって主人公たちを襲います。そしてなぜ少女が闇を彷徨っているのか明かされた後、生きることを選ばざるを得なかった少年(もう一人の主人公)への赦し・人の光の部分を描いて見せます。すごい映画になりましたね。闇の中、スクリーンに引き付けるのは監督の手腕と役者の魅力です。台湾の近代史を深く反映していて、その中でもがく学生や先生の自由への渇望と恋。伝えることが困難な感情を映像で感じさせられました。もう一度観たい素敵な映画でした。またTKPあたりでまたやらないかな。今年はこれが一番かも、です。

閲覧数1,022