レビュー一覧に戻る
返校 言葉が消えた日
2021年7月30日公開

返校 言葉が消えた日

返校/DETENTION/DETENTION

R15+1032021年7月30日公開

spi********

4.0

白色テロを知るきっかけに

もともとゲームをやったことがあったのだけど話がややこしくてあまり理解は出来なかった。そのゲームの実写映画化ということで改めて見てみたがゲームよりは話の流れがわかりやすかったように思う。しかしどうしても前衛的に作られているので理解が追いつかない場面も少なくなかった。 ただ、ファミコンのホラーゲームなどにありがちな細かい部分がよくわからないからこそ脳内で補完する恐怖、に通ずる見た人が勝手に感じる怖さをうまく引き出せているんじゃないかと感じました。 もともと返校は台湾で行われていた白色テロを多くの人に知ってもらいたい。作品として記録に残しておきたいという前提で作られているのだが、映画の内容はファンタジー寄りで直接白色テロについてはあまり描かれていない。 しかし、この作品と出会ったことが今までよく知らなかった白色テロやニ・ニハ事件について調べるきっかけになった私のような人も少なくないと思うのでエンタメ性に振り切った内容になってるのは悪くないと思う。 この映画の監督の意図を汲むとしたら、映画を見たあとに台湾の白色テロとはなんぞや?と調べるまでをワンセットとしてこの作品は完成するのではないかと思いました。 余談だが、ホラーは雰囲気が良ければ細かいストーリー等はよくわからなくても楽しめる自分にとってはなかなか好きな雰囲気の作品でした。

閲覧数481