レビュー一覧に戻る
ボス・ベイビー ファミリー・ミッション
2021年12月17日公開

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション

THE BOSS BABY: FAMILY BUSINESS

1072021年12月17日公開

bat********

4.0

ネタバレ兄弟愛家族の絆に心が温かくなる

2017年のドリーム・ワークスのアニメ「ボス・ベイビー」の続編。 今回は大人になったティムとテッドが、家族のために子どもに戻って新たな脅威に立ち向かう。 前作よりもハイテンポで進み、どことなく不気味な面もありつつ、大人になることで変化する家族の距離を描いていく。 父と娘、兄と弟、子どもの頃はどちらも仲良くくっついているのが自然でも大人になれば大抵は距離が離れていく。 それ自体は悪いことではない。娘が自立して自分の人生を進んでいっているということで、いつまでも親が介入するべきことではないのだ。 それでも離れた距離に寂しさは残る。その距離を埋めたくて執拗に構ってしまうとイヤな距離感になりかねない。 ティムの家庭は「創造的なパパには敵わない」とか言うかなり前向きな理由で娘と距離が空いているので、全然何の問題もない。それでも娘のためにいつでも何かしたくてたまらないので、ティムは特に役には立たなくても必死に何かをしようとする。実際、それで娘の苦手意識を変えるのに成功するのだから、本当に立派なパパだと言われるべきだろう。 前作からの変化を意識しながらも結局子どもになって、似たようなノリのギャグを展開していくのは良し悪し。 新たなメインキャラとなるティムの2人の娘はどちらも魅力的で、彼女達の活躍で恐ろしい計画が防がれるのはスッキリする。反面、主役のはずの2人はクライマックスでほぼ役立たずなのだが、活躍する準備が出来ている次世代がいる以上は彼らはその足場である方が健全だろう。 ラスト、雪合戦ではしゃく大人の兄弟が家の窓に子どものままの姿で映る演出は、気持ち良いノスタルジックに浸れて温まる。色々詰め込んでわりには収まりも良く、前作より楽しい作品になった。

閲覧数1,345