レビュー一覧に戻る
キル・チーム
2021年1月22日公開

キル・チーム

THE KILL TEAM

PG12882021年1月22日公開

joz********

3.0

テーマはいいんだけど

アフガニスタンでのアメリカ軍の犯した犯罪を描いています。 戦争映画でしょうが、メインは心理劇。 戦争における正義とは何かという難しいテーマを扱っています。 新米の分隊に新しい軍曹が赴任してきます。 味方を守るためには、民間人でも殺してもいいという主義の持ち主で、実際に彼は成果を上げていきます。 彼はなかなかのマインドコントロールの使い手で、分隊は徐々に彼に感化され、平気で殺人を犯すようになります。 主人公は、どうしても彼のやり方に賛成できず、迷いに迷います。 戦場においては兵隊は殺すのが正義だとの彼の論理に、主人公は反論できなくなっていきます。 じゃあ、戦争における正義と、概念的な正義とどちらが正しいのか?・・・・ 問いかけはいいんです。 しかし、映画として描くのはとても難しい。 残念ながら、本作ではうまく料理できなかった・・・ってこと。 こんな自分にとって不利なテーマでも、アメリカ人はちゃんと映画で描きますよという、いつもの罪悪感逃れの心理が、ちょっと鼻につく。

閲覧数457