ここから本文です

美しき誘惑-現代の「画皮」- (2021)

監督
赤羽博
  • みたいムービー 84
  • みたログ 1,193

1.96 / 評価:1141件

解説

人を惑わす「九尾の狐」の伝説をモチーフに、九尾の狐がとりつく妖魔の美女と、彼女に心を奪われた青年の運命を描くドラマ。現代社会において、本当の美しさとは何かを問いかける。宗教家の大川隆法が製作総指揮と原作、『世界から希望が消えたなら。』などの赤羽博が監督を務めた。妖魔の美女を赤羽監督作『夜明けを信じて。』などの長谷川奈央、彼女の二面性に翻弄(ほんろう)される青年を『奇跡との出会い。-心に寄り添う。3-』などの市原綾真が演じるほか、芦川よしみ、モロ師岡、千眼美子らが出演。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

大手銀行の副頭取の秘書・山本舞子(長谷川奈央)は、夜は高級クラブでホステスとして地位と財力を持つ男性を品定めする裏の顔があった。ある日、彼女は将来の総理大臣候補と期待される青年・塩村太郎(市原綾真)と出会う。やがて二人は結婚することになるが、太郎は人生の師である橘勝子(芦川よしみ)から舞子が「九尾の狐」につかれた妖魔だと忠告される。彼女の良心を信じたい太郎は、葛藤を抱えながら結婚式当日を迎える。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ