ここから本文です

ヒーローキッズ (2020)

WE CAN BE HEROES

監督
ロバート・ロドリゲス
  • みたいムービー 2
  • みたログ 9

4.00 / 評価:5件

人類の存亡は能力キッズに託された…

  • 一人旅 さん
  • 2020年12月25日 21時57分
  • 閲覧数 212
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロバート・ロドリゲス監督作。

2005年に制作された『シャークボーイ&マグマガール』の15年越しの続編ですが、ストーリーは前作と関連がないため本作単体でも十分楽しめます。前作に引き続き監督は鬼才:ロバート・ロドリゲスで、本作はコロナ禍の中飛ぶ鳥を落とす勢いのNetflixオリジナル映画です。

エイリアンの艦隊に地球が襲撃され、それまで地球の平和を守ってきたヒーロー達が敗北した上に宇宙船に全員監禁されてしまった中、残されたヒーローの子ども達が力を合わせてエイリアンに立ち向かっていく様子を描いたSFアクションアドベンチャーで、前作との繋がりとしては、15年の時を経て大人になったシャークボーイ&マグマガールと二人の娘であるキュートな少女(能力は強)が登場することくらいです。

水を操る能力や、首や腕を自由自在に伸縮できる能力、時間を巻き戻す能力、瞬間移動能力、スローモーション能力…とそれぞれ特殊能力を持った子ども達が、親&地球を危機から救い出すべく共闘していくSFアクションで、子ども版『X-MEN』のような作風となっています。

お話のメインは敵の母船内に侵入してから繰り広げられるエイリアン勢力との能力バトルで、闘いの最中に覚醒&レベルアップしていく特殊能力をフル発揮しながら勝ち進んでいく子ども達の活躍が見せ場となっています。仲間同士の連携プレーと信頼&友情、そして次世代ヒーローとしての自我の芽生えをヒロイックに活写したファミリー向けSFアクションアドベンチャーで、子ども達が一生懸命闘っている姿を監禁部屋から眺めて我が子の成長に感慨深くなっていくママ&パパヒーローの能天気な光景がユニークな“親子逆転ヒーロー物”となっています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ