2021年1月27日公開

ペンギンが教えてくれたこと

PENGUIN BLOOM

952021年1月27日公開
ペンギンが教えてくれたこと
4.3

/ 23

43%
39%
17%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • m-kity

    5.0

    キッズ、ファミリー向け?

    キッズ、ファミリー向けの並びにあったので小4息子と鑑賞。 最初の方で事故シーンや不随になったことによるサムの態度に息子が脱落しました。 しかし、映画としては美しいシーンが多くて良作。 母として不甲斐ない自分に苛立つナオミワッツの演技に泣かされました。 そして、ペンギンが可愛らしい。 わかりやすい不幸になってしまった主人公が無垢な動物と触れ合ううちに生きる力を見出して行く。っていうやつ筋書き。 それでもペンギンの可愛らしい様子や、周囲の人たちの厚かましくない行為、そしてテンポは悪くなく、けれどじっくりとしたカメラワークがとても良かった。 ご主人が献身的だよね。 コレはメインストーリーでは無いからサラリと描かれているけどリアルだったのかなぁと。 多感な時期の長男の感情に親としては泣けました。悪くないよー君は。って。 彼の演技も映像も良かった。 良作なんだけど、家族やキッズが見る映画にしては重いかなぁと。 カテゴリー変えたほうが良い気がします。 実話なのも良いですね。 静かに前向きになれる映画です。

  • Zero

    5.0

    ネタバレ鳥好きになれる温かい作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kkk********

    4.0

    クララは立てるよ!!

    実話に文句は付けられないですね。良くある半身不随の方の頑張り映画なんですが、ペンペンが上手くからんでます。 人によっては、調子はどう?って禁止質問です。 なおペンペンはペンギンじゃないのでご注意を。

  • wendytiger

    4.0

    ★3・6ほのぼのとした味わいだが表現が稚拙

    事故で半身不随になり人生に失望した女性と、その家族が1匹のカササギにより、家族の絆と生きる希望を貰うお話。実話でその後彼女は障害者カヤック選手権で2度優勝するそうな(*^^*)。カササギの、演技?が秀逸ではあるが、脚本が稚拙。

  • oce********

    3.0

    実話である

    ペンギンとあるが、実際はカササギフエガラスというオーストラリアでポピュラーな鳥の一種。 事故で半身不随になった一家の母のサム。 それを支える家族の中で、拾った飛べないペンギンがサム自身と重なっていく過程。 絶望を越えていくサム。 次第にカヌーへとはまっていき、それと同時にペンギンの飛ぶ訓練。 そして息子の負い目へとなっていく。 ドラマとしては帝石だが、それなりの感動はしっかりとある。 でも実話だから予測が出来るのは良くも悪くもといったところ。

  • 一人旅

    5.0

    N・ワッツ、キャリアハイの珠玉の名演

    グレンディン・イヴィン監督作。 キャメロン・ブルーム&ブラッドリー・トレヴァー・グリーヴによる2016年発表のベストセラーノンフィクション「Penguin Bloom(ペンギンが教えてくれたこと ある一家を救った世界一愛情ぶかい鳥の話)」の豪米合作による映画化で、事故により半身不随となった女性の姿を描いたNetflixオリジナル映画の傑作であります。 タイ旅行中の転落事故で下半身不随となり車椅子生活を余儀なくされてしまった、夫と3人の息子と暮らすオーストラリア在住のヒロインが、あるとき子どもが拾ってきた一羽のカササギフエガラスとの触れ合いを通じて気力を回復させていく様子を描いた“人生再起+家族ドラマ”の傑作で、事故以来生きる気力と希望を失っていたヒロインが、怪我を負い飛ぶことができないカササギを今の自分自身と重ね合わせ、またいつも傍にいてくれる家族の愛情を支えに少しずつ前を向いていくまでの過程を丁寧に映し出しています。 不慮の事故で人生が一変してしまったヒロインをナオミ・ワッツが熱演していて、特にクローズアップされる表情の演技は珠玉の名演といえます。また、ヒロインの苦悩に寄り添う夫を演じたアンドリュー・リンカーンや3兄弟を演じた子役達(中でも母親の事故に罪悪感を感じる長男を演じたグリフィン・マーレイ・ジョンストン君)も自然体の素晴らしい演技を見せていますし、家族の一員となるカササギ(一羽の設定ですが、実際は10羽のカササギが交代で演じる)のちょこまかとした動きも愛くるしさに溢れています。 蛇足) カササギフエガラス…スズメ目フエガラス科に分類される鳥で、主な生息地はオーストラリア及びニューギニア島南部。全長37-44cmで、体色は黒色、上尾筒から尾羽の下部にかけて白色。劇中でも描かれているように、ミミズ等を食べる雑食性の鳥である(wikiより)。

  • 柚子

    5.0

    鳥好きには、たまらない 至福

    事故で下半身付随になった女性が、偶然から拾った鳥(カササギ)の雛によって心動かされ、再生して行く物語… 一家の明るいお母さんから一転、車椅子生活になって、苛立つ… 夫や子供たちの戸惑い、葛藤の中に、ペンギンと名付けられた子カササギが、癒しになっていく やがて、お母さんは別の生き甲斐を見いだし、カヤックの選手に… うちにもかつて、片足の折れたカワラヒワがいた… 最初どうしていいのかわからず、戸惑いつつも、我が家の一員になっていった 足の折れた鳥は、野生には戻せない ずっとずっと一緒に暮らし、一緒に引っ越しもした やがて私の手の中で、息を引き取った 悲しくも懐かしい思い出がよみがえって、ちょっと泣けてきた エンドロールに実在の家族とペンギンちゃんが、延々と映し出され、癒される 雛パッキンと呼ばれる、雛独特のくちばしが、可愛い うちの文鳥様たちにも、こんな頃があったなぁ…

1 ページ/1 ページ中