ここから本文です

スプートニク (2020)

SPUTNIK

監督
イゴール・アブラメンコ
  • みたいムービー 15
  • みたログ 9

3.10 / 評価:10件

ポスターに偽りあり。シリアスなSFホラー也

  • eik***** さん
  • 2021年4月4日 10時49分
  • 閲覧数 217
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

1983年、宇宙空間でのミッションを終え、2名の飛行士がポッドで地球に帰還。
しかしその過程で「通信途絶」が起き、2名の内、コンスタンチン飛行士のみが生き残ることに。
負傷した彼は軍の機密施設に移送され、モスクワから連れてこられた精神科医タチアナの診断を受けることに。
軍の責任者、セミラドフ大佐はコンスタンチンに起きたある異変について彼女に診断を命じ、秘密裏に事態の収拾を図るのだが…。

ロシア製のSFホラー。本国では2020年春に公開されたもの。
予告からも明らかなように本作は「エイリアン」ジャンルのモンスターホラー。
宇宙から帰還した飛行士の身に何が起きたのかについては容易に想像がつくものであり、実際その通りの展開の物語となっております。
それもあってか、元祖「エイリアン」を引き合いに出して新鮮味に欠けるとの意見も見受けます。
確かに人体に寄生する異生物を巡るSF/ホラーは数多くある訳で本作の序盤の設定についてはいささか新鮮味に欠けるのも事実でしょう。
しかし、思いの外楽しんで鑑賞できました。
何故だろうかと考えるとやはり本作のシリアスなタッチが「SFホラー」としてのおぜん立てを組み立てる上でそれなりに効果を上げているからでしょうか。
というのも先述の通り、この異種生命体の人体寄生によるホラーについては数多の作品が既に存在しいるわけでどう考えても「今更」な気配が拭えない訳です。
それでも似たような設定のお話は繰り返し登場してくる訳ですが、アメリカ映画を筆頭にさすがにこの設定がありきたりであることは否めない訳で、そのため同様の描写については開き直りというかパロディとまでは行かずともどこかにシリアスに徹しきれない気配が伺える作品が多いような気がする。
しかし本作にはそうしたてらいは無く、主演の二人の熱演もあってシリアスさが崩れるようなことにはなっていない。
結果的に本作がその他大勢のジャンル作と異なる印象を生んでいるのはそのおかげと言える。
事実、本作の肝はこのモンスターホラー部分にあるのではなく、この宇宙飛行士と彼を診断する女性医師との間のドラマにあることは比較的早い段階で明らかになっている。
コンスタンチンとタチアナの2人芝居をドラマの中心に置き、また各自の背景や心象を伺わせる描写もちりばめられていてドラマとしての体裁はきちんと整えられております。
そうしたアプローチもあって見かけはおなじみのB級モンスターホラーでありながらも「ドラマ」としても比較的見ごたえのあるものになっております。
実質的にはヒロインとなる心理科医タチアナの心情と行動がテーマ。
設定が冷戦下のソ連の軍事施設であるのは懐かしい気配も漂う。
過剰に説明調にならない描写もあってちょっと分かりにくい点もあるのだがミステリ要素的に巧い味付けになっています(タチアナの背中の傷とか、車いすの子供の描写とか)。

コンスタンチンに寄生した異生物は彼の体内に潜み、夜間になるとそのホストから離れて行動する生態。
外気に触れることで「膨張」して巨大化するというのは面白い設定。
それと人の体内に潜む異生物の描写は数多あるがほとんどは元祖エイリアン同様に「孵化」を目的としていてホストは用済みとして命を落とすのが定番なのだが、本作ではエイリアンは日中の隠れ場所としてホストの体内に戻って来るというのは新しい視点。
しかも後半ではこの異生物とコンスタンチンの間に××が生じている事が分かって来る辺りも面白い設定と言える。
このクリーチャーについてはフルCGである点は少々物足りないのだが造形自体はよく出来ている。
全体としてドラマとしての骨格がしっかりとしており、その上できちんとジャンル映画らしさも兼ね備えている好編と言える。

こういうB級作がアメリカ以外から出て来るというのが現代らしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ