レビュー一覧に戻る
漁港の肉子ちゃん
2021年6月11日公開

漁港の肉子ちゃん

FORTUNE FAVORS LADY NIKUKO

972021年6月11日公開

hmf********

4.0

明石家さんまさん込みの映画

正直、誰が作ったのかも、声の出演が誰なのかも知らなければ、クライマックスシーンの盛り上がりに欠ける軽い映画だと思っていただろう。しかし、明石家さんまさんが漁村の生まれであることや、主演が前妻の方であることを知っているからこそ、胸に響くものがある(逆に、個人的事情を忖度させることに拒否感を覚える人もいるだろうけど)。 原作未読ではあるが、漫画原作だと、大きなコマ割りで描かれているシーンやページ数の多いエピソードに多くの時間を割けばよいのだから、本作のような小説原作の映画は時間配分が大変だろうな、と察することはできた。 僕が本作のいちばん優れた点だと思ったのは、人の容貌や仕事に対する偏見から完全に自由であることだ。主人公が太っている故にすっ転ぶシーンや、軽い発達障害と思われる少年が変な顔つきになるシーンなどで笑いをとってはいても、けっして馬鹿にしている印象はない。主人公は職を転々としてるようだが、どれが良いとか悪いとか思わせる表現も見られない。 タレントとして活躍されているさんまさんが初めて長編アニメを作られたのだから、完成度において不満はあるが、さんまさんは僕が今まで思っていた以上に立派なお人柄ではないかな、と思えて嬉しかった(祖父が同郷というだけで勝手に喜んで失礼かもしれないけど)。

閲覧数4,980