2021年7月22日公開

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記

762021年7月22日公開
セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記
3.6

/ 180

36%
22%
21%
8%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(48件)


  • zar********

    2.0

    ネタバレ物語の粗が目立つ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ツナ

    4.0

    ネタバレかなりな良作だが…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 崩壊

    1.0

    ネタバレナレーションがうるさすぎる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • うさぎ

    2.0

    歴代のキャラを声優さん二人だけにやらせるのはちょっと……

    歴代のヒーローの声ってやっぱり低いイメージがあるんだけども、片方はyoutuber上がりの声優さんで片方は高い声がメインの声優さんだから、死ぬほど違和感がある。 なんで二人だけにやらせたんでしょう?せめてちゃんとキャラクターに合わせて演じ分けができる常連の関智一さんとかも起用した方が良かったし、10人ぐらい声優さん呼べばここまで違和感が出なかったものを…… なんで「45作」とか作品で数えちゃうのかな。なんというか初代のヒーローにそういうメタいこと言わせるのはナンセンスな気がします。 あと、せっかく本人出演で出てきたデカマスターとかシンケングリーンとかキラメイブルーとかを最後の全員集合シーンに連れてこなかったんですかね。 人数エグくなるにしてもせめて本人出演のキャラクターだけは集合シーンでの変身シーン入れてあげようよ……レッドだけでスーパー戦隊は成り立ってないんだよ! 話の流れとかは全然嫌いじゃないんだけど、細かい配慮が足りなさすぎるんです。愛がないというか。

  • ac7********

    1.0

    ネタバレメタ発言を公式でやらないでください

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 孔藤 優輔

    1.0

    個人的な感想

    自分の見たかったものが何一つなかった。 って言うのが率直な感想かな。 ジュランの寝顔くらいしか印象ないです。 せっかくラプター283やドギークルーガーまで 登場させていたのに、なんとも言えないです。 なんでそいつと絡ませるかな…ってものしかなかった。 ジュラン×ラプターよりもマジーヌ×ラプターが 見たかった人結構いると思うんだよな~。 それにジュランと絡ませるならラプターじゃなくて ガルの方が良かったな~。っていう感想。 竹内キャラの渋滞とかジュラン×ドギーの絡みが 見れたのはちょっと嬉しかった。 それとなんか全女性キャラが空気化してる印象。 敵を女性にしてサーベラ、マジーヌで闘う構造でも 悪くはなかったんじゎないかなと思う。

  • けんぴー

    1.0

    ネタバレ途中までは良かったけど…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nag********

    4.0

    ネタバレシリーズの中ではなかなかの良作では?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • zak********

    5.0

    ネタバレようやく現れたまともなクロスオーバー作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 塗装ルーキー

    1.0

    ネタバレこの映画をやるより

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rat********

    3.0

    圧巻、ヒーロー揃い踏み!正義の炎よ永遠に

    章太郎の名前を出されたら、ヒーロー大好き親父は、見に行かざるを得ないでしょう。 セイバーは後半に向けて面白くなってきた作品なので、毎回楽しく見させてもらってます。 でも、ゼンカイジャーは・・・ あくまで個人的な意見なんですが、記念碑的な意味合いで始まったゼンカイジャー。今までの戦隊ものが登場して、ノスタルジックに楽しめる作品ではあるのですが、如何せん中味がくだらなすぎる。子供向けって言えばそうなのかもしれませんが、それにしても酷すぎないですか?今時の子供はあんなんじゃ喜ばないのでは?という心配をよそに、案外受けてるみたいですね。合わないのは自分だけかも。 そんなんで、この作品も最後の最後まで映画館へいくのを悩みました。で、鑑賞を決定付けたのが、章太郎の登場です。ヒーローの起源にまで迫るとなれば俄然興味が湧いちゃいました。 元々、セイバーが本の世界の話なので、このストーリーは素直に受け入れられた気がします。うまく出来てるな~って思いました。 「西遊記」とか「八犬伝」の話に絡めて、ライダーや戦隊もののヒーローたちが、巻き込まれていく様は、結構楽しかったです。 ただ、他の部分に進化がない。ゲスト出演者たちのオンパレードは、ファンとしては非常に嬉しい限りなのですが、ここのところの量産ブームで、多少過食気味な気分が無きにしもあらず。 後半の全員揃ってからのアクションが、長いまばたきの間で終わってしまったというポカをやっちゃいました。残念。 それでかもしれませんが、本作は自分的にはイマイチでした。ファンの人、ごめんなさい。 余談ではありますが、セイバーに出てくる女の子のミニ丈着物とか、大きくなったルナは、可愛くて良かったです。 やっぱり戦隊ものにもヒロインがいないと、親父心は満足できないって感じかな。

  • yqd********

    4.0

    ネタバレ楽しめました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • グァーちゃん

    3.0

    考えさせられた

    ストーリーは非常に面白かった。今までのクソコラボ映画の臭いがあまりしなかった。でも石ノ森先生の話にしたからこそ考えさせられた。それぞれの作品にそれぞれの良さがあり、時代が変わって奇抜上等、ド派手ライダーこれが今のスタイル。もし今のライダーを石ノ森先生が見たら何と言うだろうか。それこそ「僕の描きたかったヒーローじゃない」新しいことに挑戦し続けて、子供たちに夢を与えた仮面ライダー。もう一度一から見直すべきではないだろうか。

  • wat********

    2.0

    東映特撮の未来が不安

    久々に見たライダー映画。CGやロケーションの微妙さはいつものことだが、こうも進歩しないものかねえ。 江戸時代にワープしたときは、「またこれか・・・」と正直ため息が出た。いくら何でも引き出しが少なすぎるだろ。 ロゴがいっぱい出てくる演出とかは前にも見たがあれは本当にいいと思ってやっているのだろうか。ダサいのでやめていただきたい。 それはそうと首をかしげずにはいられなかったのはストーリー。ジオウの映画の時もあったが、この作品はメタ的な視点において「やっぱ仮面ライダーやスーパー戦隊って最高だよな」的な主張を繰り返す作品のようである。 仮面ライダーもスーパー戦隊も、決して手放しで褒められるほどのシリーズではないと思うが、長い年月をかけて幾多の感動を生み出してきたのは間違いないことだし、それは素晴らしいことだ。心の底からそう思う。 ・・・だがそれを自分で言うな。 同じ職場のよくミスをやらかす同僚が、「俺はよくミスるけどそういうところも俺の魅力の一つだよね」みたいなことを言ってきたら、ぶん殴ってやりたくなるだろ。 そんな痛々しい自己肯定をしている暇があったら、少しでも作品のクオリティを上げる努力をしてほしい。拙い脚本、使い古されたロケーション、目新しさの欠片もないアクション、PS2並みのCG、全然だめじゃないか。 これじゃあ本当に「二次創作のオワコン」になってしまうよ。

  • ang********

    5.0

    熱い、熱いよ。心が震えますよ。

    レビュー1944作品目。 東京は23区内在住につき、緊急事態宣言下のこのご時世に映画館に行くのは 躊躇したものの。 そしていつもは、50代後半~70代前半のヲタク仲間達とこの手の映画は一緒に見て、その後の茶店で盛り上がるのも一つの楽しみだった事もあり。 そうだ。別々に見に行こう。そして視聴後にライングループで盛り上がろうな流れになり、ソロで新宿に出撃。座席は一席おきで快適。 幼稚園児を連れた若いママさん、総白髪の紳士、中年男性やら高校生やら、一席おきの着席としては満席の新宿バルトナイン。 スクリーンでは「君たち、忘れ物には気を付けるんだぞおー」とヒーローが注意してくれるが、見渡しても子供は一人しかいない(笑) 大きなお友達ばっかりや・・・な中でわくわくしつつ。 アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。 いや熱い、熱いよ。 石ノ森章太郎氏が書きたかった「等身大ヒーロー」 善も悪も。清濁併せ吞む人間。 悩みながら傷つきながらも、ヒトの為に戦う。 うんうん。 なんせ、ライダーと戦隊物が全員出て来たのを見て 「どれだけ、アクション俳優揃えたんだ」と、頭が下がる。 平成ライダーをこの世に出し、「ライダー人気」を復活させてくれた「クウガとアギト」には敬意を払ってもう少し出番が欲しかったものの。 一世風靡した電王は出まくってましたねえ。 モモタロスの直変身シーンには、胸熱。 取り合えず、ラストの「全員の大乱闘シーン」は・・・ これは、Blu-rayを購入してスロー再生しなくてはなるまいて。 で、本編が終わったら、次のライダーの紹介ドラマ。 ほほう。悪魔と契約ですか。 尻尾が恐竜になる悪魔ライダーと、手足が恐竜になる人間ライダー。 悪くないぞ。 心の中で「あ゛~腐った友人のAさんが歓喜しそう」と思いつつ。 どんなきっかけでも、ライダーを見て貰えたら嬉しいのが いちライダーファン、特撮ファンの感想。 しかし、こうやって見ると、若い人は子供になったなあ。 孫に見えるぞ。 昔、仮面ライダー一号だの、赤レンジャーだのの人間体は もろもろにオッサンだったのに。 今のヒーローは、高校生みたいに見えて可愛いなあ。 ああ、ウルトラマンもそうですね。うんうん。 何にせよ、23年前に御年60歳で亡くなった石ノ森氏をしのびつつ。 至福のひと時を頂きました。多謝。

  • jss********

    4.0

    いいですよね。

    映画館に観に行きましたが、例のヤツ 対策のため席は一つずつ空けられていた とは言え、かなりの盛況。 ただ、行った時間帯のせいなのかたまたま なのかちびっこはほとんどおらず、自分と 大して変わらないようなまあまあなお年頃の 観客ばっかり。 お話が終わって劇場を出るときに 振り返ってみたらそういう方々がなにやら 小難しそうな顔で作品について色々議論 なさっているご様子。 おもちゃを買ってくれる子供たちが メインターゲットとはいえ、こういう方々の 評判も念頭に置きながら子供向け特撮を 作らなくてはならないっていうのは、他人事 ながら「大変なことだなぁ」と思いました。 それはそれとして ライダーの方はまったく未見。なんの 前情報も無し。ヒーローの方は日曜日の 朝にうつらうつらしながら時々見るくらい。 そんな程度の人間が観ましたが、正直 楽しめましたよ。お話がね、よく出来ている と思います。 「映画を観ながら先を読んだり展開を予想 したりする」ということをしない(というか 出来ない)自分としては「なんでこんな端役 っぽい登場人物に福くん使っているんだろう」 なんて頭の悪いことを考えていましたが、 察しのいい人なら「しょうたろう」という 名前でピンときますよね。 ライダーの方の主人公は職業が小説家という ことで、その設定がうまく活かされている 内容だと思うし、色々な伏線が終盤に 向けてまとまっていく様もなかなか見事で、 ライダーとヒーローが全員集合する理由付け としてはこれ以上は無いんじゃないかなとすら 感じた。 ただ、個人的には本郷猛としょうたろう少年 の絡みはちょっと蛇足に感じたかなぁ・・・。 「本郷猛」が「藤岡弘、」にしか見えなくてね。 何言ってるか自分でもよくわからないなw でもそこの部分だけなんかちょっともやもや した。 あ、あと 次回のライダーの男の子はなかなかの 正統派な男前でした。銭湯が舞台?なのかな? きっと女性向けサービスシーンが多い作品に なるでしょう。 戸次も出るみたいだし、敵役の女の子が 可愛いみたいだし、次回は観てみようかな・・・。

  • twm********

    1.0

    雑音全開

    うるさい。まとまりがない。落ちがみえみえ。主人公のライダーと戦隊が酷すぎる。本人じゃないライダーやレッドが決め台詞をいっても耳障り。あげく、50周年の新作ライダーはみるに絶えない。少しでも期待したけど、予想以上に期待外れ。

  • mas********

    5.0

    ネタバレ仮面ライダーとスーパー戦隊は素晴らしい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pow********

    5.0

    ネタバレ何故今ヒーローの存在が必要なのか問う作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yst********

    5.0

    ネタバレ簡潔で面白いけど敵の言うことが真理

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/3 ページ中