レビュー一覧に戻る
セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記
2021年7月22日公開

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記

762021年7月22日公開

wat********

2.0

東映特撮の未来が不安

久々に見たライダー映画。CGやロケーションの微妙さはいつものことだが、こうも進歩しないものかねえ。 江戸時代にワープしたときは、「またこれか・・・」と正直ため息が出た。いくら何でも引き出しが少なすぎるだろ。 ロゴがいっぱい出てくる演出とかは前にも見たがあれは本当にいいと思ってやっているのだろうか。ダサいのでやめていただきたい。 それはそうと首をかしげずにはいられなかったのはストーリー。ジオウの映画の時もあったが、この作品はメタ的な視点において「やっぱ仮面ライダーやスーパー戦隊って最高だよな」的な主張を繰り返す作品のようである。 仮面ライダーもスーパー戦隊も、決して手放しで褒められるほどのシリーズではないと思うが、長い年月をかけて幾多の感動を生み出してきたのは間違いないことだし、それは素晴らしいことだ。心の底からそう思う。 ・・・だがそれを自分で言うな。 同じ職場のよくミスをやらかす同僚が、「俺はよくミスるけどそういうところも俺の魅力の一つだよね」みたいなことを言ってきたら、ぶん殴ってやりたくなるだろ。 そんな痛々しい自己肯定をしている暇があったら、少しでも作品のクオリティを上げる努力をしてほしい。拙い脚本、使い古されたロケーション、目新しさの欠片もないアクション、PS2並みのCG、全然だめじゃないか。 これじゃあ本当に「二次創作のオワコン」になってしまうよ。

閲覧数1,184