レビュー一覧に戻る
セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記
2021年7月22日公開

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記

762021年7月22日公開

けんぴー

1.0

ネタバレ途中までは良かったけど…

最初に言うと平ジェネForeverやジオウOQよりさらにメタい内容です。本来の対象である小さな子供達の夢を壊しかねないほどのメタさです。 「子供だけじゃなく大人も楽しめる」ではなく、これでは本来楽しむべき子供達はどう思うのでしょう? 内容はいろんな世界に飛ばされたみんながいつもの採石場で合流する所までは普通に楽しめました。 が飛羽真が鈴木福演じる少年Sを説得して再び戦場(採石場)に戻るシーンからなんだか微妙な感じに。 歴代戦隊レッドと歴代主人公ライダー達が揃ってさぁ戦闘!と思いきやセイバー組のライダー達全員が戦隊の如くいつもはやらない名乗りをします。ゼンカイ組ももちろん名乗ります。さすがに長い! で、やっと戦闘始まったと思ったら下手なパワーポイントのように戦隊、ライダーのタイトルロゴが流れる流れる流れまくる。 この演出は劇場版ジオウOQでもありましたがあれは必殺技として出てきただけでしたが、今回は乱用し過ぎで「この演出すればウケるだろ」という意図が見え見えです。 それに加え、場面に映るライダー達がそれぞれ早口で当時の作中で言ってた名言を言いますが棒読みで同じ声が何度か出てきて「今なんでそれ言うの?」という感じです。 当時の役者さんを全員呼べないのはわかっていますがもう少しどうにかして欲しかったです。 また、ザコ敵を一掃してあとはラスボスになった時にラスボスが放ったセリフ。『オワコン』やら『ネタ切れ』『同じことの繰り返し』『ヒーローは幼稚なモノ』等を歴代レッド&ライダー達に言い放ちます。 セリフなのは分かりますが作中風に言えば、この映画の「神」である公式が映画を見に来た人に向けてそんな事を言わせるとは…。セリフとはいえ不快感が否めませんでした。 最後に巨大化した敵を総攻撃するシーン。戦隊ロボやらライダーのベルトの必殺音声を一気に流されていて正直やかましかったです。 本編で良かったのは決戦後に少年Sの正体が石ノ森章太郎だと明かされ、本郷猛と石ノ森章太郎が対話するシーン。さすが「藤岡弘、」という感じの言葉でした。 最後に本編後のリバイスのパート。 オマケにしては少々長いです。 話的には面白そうだと思いましたが主人公の相棒、バイスのわちゃわちゃがちょっとしつこいかなという感じです。

閲覧数941