レビュー一覧に戻る
セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記
2021年7月22日公開

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記

762021年7月22日公開

zak********

5.0

ネタバレようやく現れたまともなクロスオーバー作品

今までやってたスーパーヒーロー大戦シリーズが途轍もなくひどい出来で不安があったが、今回は脚本がいつもの米村正二ではなく毛利亘宏である事で少し安心した。実際特撮での毛利亘宏の脚本は評価が高いのもあったので、今回のヒーロー戦記の脚本は予想以上に本当に素晴らしかった。まず今作の最大の評価点としてはヒーロー同士の内部争いが全く無かった事と、ヒーロー同士が最初からちゃんと手を組んで共闘した事、この2つに尽きる。今作の鍵を握る「絵描きの少年」の正体が初代仮面ライダーとゴレンジャーの生みの親である事に驚愕した。セイバーのテーマである「物語」がメインで進められていたが、かつて平成ジェネレーションズFOREVERで「ヒーローの存在」を問われたが、この問いの新たなる解答がこのヒーロー戦記で描かれていて考えさせられた。最終決戦ではヒーロー達の決め台詞がたくさん出てそれぞれの世代にとって感涙ものだった。ただ歴代ヒーローで呼ばれてない役者の分に対してライブラリ音声を使用しなかったのは不満だった。ライブラリ音声でも入れてくれれば冗談抜きで文句無しだった。しかし今作はその不満を打ち消すほど本当に素晴らしい作品である事がハッキリ言える。この作品を作ってくれたスタッフ一同と、演じた役者達に感謝である。

閲覧数1,039