レビュー一覧に戻る
セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記
2021年7月22日公開

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記

762021年7月22日公開

zar********

2.0

ネタバレ物語の粗が目立つ。

結構評判が良かったので今さらですが鑑賞しましたが、なんというかエモさを重視しすぎて映画として物語が微妙な物になっているって感じです。 ここからは鑑賞済みを前提に完全にネタバレありで超簡単に感想を。 石ノ森章太郎先生が自分が描きたいヒーローが分からなくて苦悩していてソレを敵に利用されて仮面ライダーとスーパー戦隊を描かないと決めてしまったのを飛羽真が説得するんですが、ここまでの約30分間で西遊記と里見八犬伝のライダー&戦隊verをやっていただけなので「なぜ石ノ森章太郎先生はもう一度ヒーローを描くことを決意したのか?」そして「それがなぜ仮面ライダーとスーパー戦隊だったのか?」っていう大切な部分が無くてまるで納得できない!前半でのライダーと戦隊の活躍にその理由を描くべきだったでしょ! さらに映像がグリーンバック丸分かりなのは百歩譲って良いとしてこの一連のシーンの演出があまりにも安すぎる! その後のヒーロー全員集合後の戦闘ですが各作品のタイトルが出る演出がただ各ヒーローの戦いを見づらくしてるだけ!さらにオリキャス以外のCVがあまりにも違いすぎて違和感しかない! 色々文句はありますが、終盤の石ノ森章太郎先生に本郷猛が想いを伝えるシーンは良かったです。本郷猛というより藤岡弘、さんの気持ちにも思えてウルッときました。 なので本当に惜しい作品だと感じました。

閲覧数204